全1121文字

吉野家ホールディングスが3月7日、「超特盛」の牛丼を発売した。肉の量は、「並盛」の2.4倍で、同2倍の「特盛」よりひと回り大きい。同社が新サイズを投入するのは28年ぶり。消費者の健康志向が高まり、少子化で若者が減る中で、なぜビッグサイズの商品を投入したのか。