元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が6日午後4時半ごろ、東京拘置所(東京・小菅)での勾留から保釈された。108日に及んだ勾留から解放されたゴーン氏の保釈金は、10億円と歴代でも上位に入る。ここで沸く疑問が一つ。保釈金とはどういうものか、そもそも返ってくるのか。

6日、保釈され、東京拘置所を出るカルロス・ゴーン氏(写真:共同通信)
6日、保釈され、東京拘置所を出るカルロス・ゴーン氏(写真:共同通信)

 保釈金の正式名は「保釈保証金」。この意味は、保釈するにあたっての身代わりになるものを預けることで、「まさに人質ならぬ『ブツ質』だ」とみずほ中央法律事務所の三平聡史弁護士は話す。裁判所が示す保釈条件を被告が守ることを保証させる意味合いもある。一時的に預けているわけで、保釈条件を破らない限り、基本的に公判が終われば、全額が本人の手元に戻る。

 10億円の保釈金は歴代でも高額な部類に入る。裁判所は「過去の記録を取っていないので何位なのかわからない」(東京地裁)とするが、過去最高額は牛肉偽装事件で実刑が確定した浅田満・元食肉販売会社会長の20億円とされる。保釈金の金額は被告の保有資産などを考慮して裁判所が提示する。

 本人は動けないので、代理者が裁判所の口座に振り込むか、直接裁判所の窓口で納入する。代理者は弁護人であることが一般的だが、金額が大きくなると「家族や協力者などのケースも多い」(弁護士)。東京地裁によると、代理者を決めるのは容疑者側で、口座か窓口への納付を確認してから裁判所は実際に保釈する。

 仮に現金で10億円を納付するとどうなるか。1億円で約10キログラムの重さがあるというから、ざっと100キログラムの現金を裁判所の窓口に運ぶことになる。

 過去には保釈後に容疑者が逃亡したケースもある。イトマン事件の許永中・元不動産管理会社代表は、裁判所の許可を得て韓国に行き、その後に逃亡を図った。保釈は取り消され、保釈金の6億円は全額が没収された。

 3度目の保釈請求でようやく外の空気を吸うことが認められたゴーン氏。住居には監視カメラが設置され、携帯電話はネット接続やメールができるものは持てず、海外渡航や関係者との接触も禁止されている。とはいえ、今後は好きなものを着て、好きなものを食べる生活に近づく。「身代金」の10億円はゴーン氏にとっては大した金額ではないのかもしれない。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。