LIXILグループがプロ経営者として知られる瀬戸欣哉氏のCEO(最高経営責任者)の昨秋の退任の経緯を調査・検証した結果を発表した。その検証結果を検証して見えてきたのは、やはり一連の人事異動は不可解で、創業一族の潮田洋一郎氏(現会長兼CEO、当時は取締役・取締役会議長)による事実上の瀬戸氏解任だった、という事実だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1691文字 / 全文1701文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。