高速通信規格「5G」の商用化からほぼ2年が経過し、ようやくその真価を発揮できるサービスが始まった。5G単独のネットワーク「5G SA」がそれだ。KDDIは「ネットワークスライシング」という新機能を使い、安定した映像伝送を実現。付加価値を高めることで通信料金値下げの影響をはねのけ、収益向上の鍵になると期待する。

 2月21日夜、インターネット放送局「ABEMA」が日本初の取り組みに挑んだ。この日、商用サービスを開始したKDDIの「5G SA」ネットワークを使い、東京・渋谷の公開スタジオから映像を生中継したのだ。もっとも、画面の右上に表示された「今日は何かがチガウ!? 日本初! 最新の au 5G で生配信」のテロップを見なければ、普段との違いはわからなかったかもしれない。実際、記者も視聴したが5G SA回線を使って中継した時間帯とそれ以外の時間帯で、大きな画質の差は感じなかった。

ABEMAで「5G SA」ネットワークを使った中継映像の伝送を行った(写真は試験時の様子)
ABEMAで「5G SA」ネットワークを使った中継映像の伝送を行った(写真は試験時の様子)

 5G回線を使った映像中継はすでに行われている。中継車や専用機材が不要で手軽なのがメリットだが、公衆回線を利用しているため、利用者が多いと通信が不安定になる問題があった。これに対して、今回利用した5G SAなら問題が生じにくいという。

 SAとは「スタンドアローン」のこと。2020年3月に商用サービスが始まった5Gは「NSA(ノンスタンドアローン)」と呼ばれ、既存の4Gコアネットワークに5G基地局を組み合わせたものだ。これに対して5G SAはコアネットワークも含めて5G単独で構成されており“真の5G”といえる。

5G SAはコアネットワークも含めて5G化されている
5G SAはコアネットワークも含めて5G化されている
[画像のクリックで拡大表示]

 5G SAは21年10月にまずソフトバンクが商用化。自宅などで固定回線の代わりに使える据え置き型Wi-Fiルーター「SoftBank Air」で利用されている。続いて21年12月にはNTTドコモも法人限定でサービスを開始した。KDDIはそれから遅れること2カ月、大手では最後発のスタートとなったが、5G SAならではの利用事例をひっさげての参入となった。「ネットワークスライシング」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1128文字 / 全文1978文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。