シャープは2月18日、留守番見守り機能などを搭載した小型ロボット「ロボホン」の新機種を発売したと発表した。発売したのは3機種で、今回は新たにモーターによる歩行機能を省いた廉価版を用意した。価格は7万9000円(税別、以下同)で、従来の最安モデルの13万8000円から4割安くなった。価格帯を下げることで、普及に弾みをつける。

シャープが発売した小型ロボット「ロボホン」の新機種
シャープが発売した小型ロボット「ロボホン」の新機種

 3機種に共通する機能として、自宅で留守番している子供をロボホンが検知すると、内蔵のカメラで写真を撮り、親のスマートフォンに転送する新機能を搭載した。親がスマホに入力した文字を、家庭内にいるロボホンが読み上げ、子供にメッセージを伝えることもできる。別売のリモコンと連携すれば、テレビや照明器具などの各種家電製品を音声で操作できる。日常生活で使える機能を拡充した。

 法人向けには、ロボホンが来客に日本語、英語、中国語、韓国語の4言語で商業施設や事務所を案内するアプリを提供する。

 最も高い機種には歩行機能と携帯通話機能が付いており、価格は18万円。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。