全907文字

 JR北海道は2月12日、北海道で新たな観光列車を走らせることを発表した。赤字経営が続く中、豊かな観光資源を背景に経営回復を図りたい同社は、これまでも道内で観光列車を走らせ、観光客を招いてきた。ただ、今回発表した観光列車事業は、これまでとは戦略が大きく異なる。

 「身の丈にあった取り組みではある」。そう話したJR北海道の島田修社長がこの日発表したのは、他社の車両を使用した観光列車事業だ。2019年7~9月の土日と祝日は、JR東日本から陸羽東線、左沢線、石巻線などで運行する「びゅうコースター風っこ」を借り受け、宗谷線の旭川~音威子府、音威子府~稚内の間を走らせる。20年5~8月のうちの1カ月間は、東急電鉄の豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」を借り、札幌~道東エリアで運行する。

JR東日本の「びゅうコースター風っこ」と車内(写真:JR東日本)

 食事の提供もあるザ・ロイヤルエクスプレスでは、列車の運行はJR北海道が担うものの、車内サービスは東急側が担当する計画だ。人気が高まっている観光列車は全国各地で走っているが、他の鉄道会社から車両や人員を借りての事業は異例とも言える。

東急電鉄の「ザ・ロイヤルエクスプレス」と車内(写真:東急電鉄)

 JR北海道は、人口減少による利用者減に加え、事故や不祥事、さらには天災の被害もあって経営難に陥っている。18年3月期連結決算では営業赤字が416億円で過去最大となり、18年7月には国交相の監督命令で「インバウンド観光客を取り込む観光列車の充実」を経営改善に向けた取り組みの一つとして挙げられた。需要が高まっている観光列車の拡充は、その一手となるが、高額な建造費は負担できない。そこで車両を他社からレンタルするという策に出た。

 ただ具体的な賃貸費用や運営方式は「検討している部分が多い」(島田社長)としており、見通せていない部分も多い。島田社長自身も「今回の取り組みだけで経営が改善するとは思っていない」と話すように、新幹線や在来線を含めた乗車率の向上は依然として課題のままだ。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定すると、「1分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。