三菱重工業は2月6日、開発中の国産リージョナルジェット旅客機「三菱スペースジェット」の納入延期を発表した。納入延期は6度目で、新たな納入予定時期は21年度以降。同日発表した2020年3月期の第3四半期決算ではスペースジェット事業の関連資産の減損損失を1753億円計上。スペースジェット関連の特別損失は単体で計4964億円と発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1502文字 / 全文1513文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。