全1625文字

三菱重工業は2月6日、開発中の国産リージョナルジェット旅客機「三菱スペースジェット」の納入延期を発表した。納入延期は6度目で、新たな納入予定時期は21年度以降。同日発表した2020年3月期の第3四半期決算ではスペースジェット事業の関連資産の減損損失を1753億円計上。スペースジェット関連の特別損失は単体で計4964億円と発表した。