成田空港で2019年10月末から、夜間の飛行機の発着時間が1時間延長される。2月4日に周辺の9市町が、国や成田国際空港株式会社(NAA)が求めていた延長に合意。1978年の開港以来、初めての延長となるが、2つの課題が積み残されている。

2019年10月末からの発着時間延長が決まった成田空港のA滑走路(左、写真:共同通信)
2019年10月末からの発着時間延長が決まった成田空港のA滑走路(左、写真:共同通信)

 政府が20年の訪日外国人旅行者数4000万人の目標を掲げる中で、検討が行われてきた成田空港の機能拡張。国やNAAはその一歩として、原則午前6時~午後11時としてきた発着時間を、2本ある滑走路のうちA滑走路で翌午前0時まで延長することを計画してきた。訪日客の増加が見込まれる東京五輪・パラリンピックに余裕を持って臨むため、19年10月末からの冬ダイヤでの延長に向けて、地元自治体の理解を求めていた。

 騒音対策などを巡って反対意見もあった中で、全9市町の合意を取り付けた国交省とNAA。「苦渋の決断をしていただいた」と合意後の会見で感謝を述べたNAAの夏目誠社長だが、大きく2つの課題が積み残されたままだ。

発着時間延長の合意を受け、会見する成田国際空港株式会社の夏目誠社長(左から2番目)
発着時間延長の合意を受け、会見する成田国際空港株式会社の夏目誠社長(左から2番目)

 1つ目は路線の誘致だ。夏目社長は会見で、LCCや貨物便のニーズがあると強調したものの、現段階で具体的な数字は見通せていないという。

 2つ目の課題は利用者のアクセス手段の拡充だ。現状では成田空港から東京都心に向かう電車は11時過ぎには終了してしまい、バスもなくなる。午前0時に着陸しても、翌朝まで空港から出られないのであれば効果は半減する。

 NAA広報によると、鉄道会社などとの交渉も「まだ協力をお願いしている段階」という。発着時間延長までは残り9カ月を切っており、時間的な余裕はない。夜間に発着させるメリットを各社に売り込み、理解につなげられるかが機能強化の成否のカギを握っている。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。