中国湖北省武漢市のトップが、新型コロナウイルスによる肺炎についての情報公開の遅れを認めた。日本では1月28日に武漢渡航歴のないバス運転手の感染が判明した。乗せていた武漢からのツアー客から感染した可能性が高く、感染時期は武漢市が情報公開を怠っていたタイミングと重なっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1992文字 / 全文2006文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題