シャープが1月30日に発表した、2018年4~12月期の連結決算は売上高が前年同期比3%減の1兆7715億円、経常利益が同13%減の620億円だった。特別利益や法人税などの減少で、最終増益は確保したものの、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下での成長の減速感が鮮明になってきた。

シャープは「8K」など高付加価値シフトを急ぐ
シャープは「8K」など高付加価値シフトを急ぐ

 「米中貿易摩擦もあり、特定顧客の在庫調整の影響を受けた」。記者会見に登壇したシャープの野村勝明副社長はこう総括した。四半期ベースでの減収は、18年7~9月期に続き2四半期連続となる。

 減収減益の原因は「中国」だ。中国市場での販売不振で、18年10~12月期の減収減益を発表したばかりの大口顧客、米アップル向けの部品販売が苦戦。鴻海傘下後、好業績のけん引役だった中国の液晶テレビ販売も減少した。

決算発表するシャープの野村勝明副社長
決算発表するシャープの野村勝明副社長

 もっとも、シャープは現在、中国での販売戦略を転換している真っ最中だ。鴻海傘下後、グループの販売会社は安値攻勢でシェアを拡大してきたが、その一方で「シャープ」ブランドが毀損する結果となった。シャープは上期から数量を追うのではなく、高付加価値品を売る「量から質」へのシフトを急いでいる。

 野村副社長は「中国では流通在庫の適正化を進めつつ、(高精細な)8Kや(AIとIoTを融合した)AIoTを活用した高付加価値化を進めている。消費者からは好評だと聞いている。一部は19年1~3月期に、来期には効果が出てくる」と自信をのぞかせた。

 2019年3月期通期の業績予想は、純利益以外の数値を下方修正したシャープ。中国で「量から質へ」の戦略は奏功するのか。戦略転換の真価が問われる春節(旧正月)商戦が幕を開ける。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機

 日本企業にとって、脱炭素政策への対応が重要な経営課題になっています。上場企業であれば、グローバル投資家からの支持を得るために脱炭素に資するビジネスモデルの構築が求められています。サプライチェーン全体で仕組みを整える必要があり、企業規模の大小にかかわらず対応が急務です。
 日経ビジネスLIVEは9月8日(木)19:00~20:00に「経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機」と題してウェビナーを配信する予定です。登壇するのは、経済産業省でエネルギー政策を長く担当した経験を持つ、製造産業局長の山下隆一氏。業界横断的な取り組みが必須のGXに向け、どんなエコシステムを目指すべきかについて解説します。ウェビナー後半では視聴者の皆様からの質問にお答えします。ぜひ議論にご参加ください。

■開催日:2022年9月8日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機
■講師:山下隆一・経済産業省製造産業局長
■モデレーター:日経ビジネス編集委員・安藤毅
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。