経済に減速感が出ている中国で、政府が消費のテコ入れに乗り出す。29日には新車の購入補助金などを柱とする消費刺激策を発表した。2018年に28年ぶりに前年実績を割り込んだ新車市場を活性化する狙い。刺激策は日本車の需要も喚起するだろうか。

中国の新車市場は昨年、28年ぶりに前年割れ(写真:AP/アフロ)
中国の新車市場は昨年、28年ぶりに前年割れ(写真:AP/アフロ)

 政府が新車購入を後押しする背景には、経済全体への波及効果が大きいことがある。中国の小売売上高の18年の前年比伸び率は9.0%と、17年の10.2%から1.2ポイント落ち込んだが、中国紙「経済参考報」によると、自動車関連だけで0.8ポイントを押し下げたという。言い換えれば、自動車の消費を促せば、景気の下支え効果も大きくなるわけだ。

 29日に発表された刺激策では、旧型の排ガス規制対応車や農村での小型車への買い替えに補助金を支給するとしたほか、EV(電気自動車)など新エネルギー車への購入補助金を上積みする方針も示した。

 中国で事業展開する日系企業にとって、この刺激策は販売拡大の好機となるのか。中国の自動車産業に詳しいみずほ銀行の湯進・主任研究員は「ポイントは農村市場と小型EVにある」と指摘する。

 中国政府は一貫して農村の近代化を目指しており、リーマン・ショック後の景気対策では、農村での家電の買い替えを促した経緯がある。今回も同様の措置を取りながら、新車の購入も促し、生活レベルの向上を後押しすることになりそうだ。

 一方で、EV普及にも注力しているのが今の中国政府。小型ガソリン車と同程度の価格で小型EVを購入できるような補助金支給策が導入されれば、農村でのEV普及に弾みがつく。

 こうなると、日系メーカーの商機は乏しい。農村部で小型EVを売るには「100万円程度に価格を抑える必要がある」(湯氏)からだ。この価格帯で小型EVを商品化できるのは、コスト競争力に優れる現地メーカーくらい。中国の消費刺激策で笑うのは、結局は中国の現地メーカーかもしれない。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機

 日本企業にとって、脱炭素政策への対応が重要な経営課題になっています。上場企業であれば、グローバル投資家からの支持を得るために脱炭素に資するビジネスモデルの構築が求められています。サプライチェーン全体で仕組みを整える必要があり、企業規模の大小にかかわらず対応が急務です。
 日経ビジネスLIVEは9月8日(木)19:00~20:00に「経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機」と題してウェビナーを配信する予定です。登壇するのは、経済産業省でエネルギー政策を長く担当した経験を持つ、製造産業局長の山下隆一氏。業界横断的な取り組みが必須のGXに向け、どんなエコシステムを目指すべきかについて解説します。ウェビナー後半では視聴者の皆様からの質問にお答えします。ぜひ議論にご参加ください。

■開催日:2022年9月8日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:経産省のGX戦略キーマンが直言 水素、アンモニア、原発…日本企業の勝機
■講師:山下隆一・経済産業省製造産業局長
■モデレーター:日経ビジネス編集委員・安藤毅
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。