米アップルが日本時間の朝方に発表した2018年10~12月期決算は驚くような内容ではなかった。売上高は前年同期比5%減の843億1000万ドル(約9兆2200億円)と1月2日に下方修正した予想通り。19年1~3月期は同3~10%の減収を見込むが、これも市場予想の範囲内で、悪材料が出尽くしたとの見方からアップルの株価は上昇した。

悪材料が出尽くしたとしてアップルの株価は上昇したというが……(写真=SOPA Images/Getty Images)
悪材料が出尽くしたとしてアップルの株価は上昇したというが……(写真=SOPA Images/Getty Images)

 iPhoneの販売低迷に歯止めがかかれば、半導体やディスプレー、電子部品など、アップルに部材を納めるサプライヤーにとっては朗報となる。だが、手放しでは喜べない。

 アップルは28日、米国内での部品調達実績をひっそりと公開した。18年に米国の9000社のサプライヤーから600億ドル分の部材を調達したという内容だ。調達額は前年よりも10%増え、45万人以上の雇用を生み出したとアピールしている。

 アップルはこれまで中国や台湾などアジアでサプライチェーンを築き、現地でiPhoneを組み立てることでコストメリットを引き出してきた。11年にもオバマ前米大統領が当時のスティーブ・ジョブズCEOに「iPhoneを米国内で生産することはできないのか」と訴えたが、ジョブズCEOは「できない」と断言したとされる。

 そうした経緯から考えると、オバマ氏より強烈に国内回帰を求めるトランプ政権にアップルも応えざるを得なくなったのかもしれない。

 アップルのプレスリリースには調達先の代表的な米企業として、ガラス大手のコーニングや、半導体のブロードコムなどを挙げているが、今後も米国での調達先を増やすことは考えられる。アップルに部材を納める日本メーカーも、アップルの「国内回帰」の動きに無関心ではいられなくなりそうだ。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。