全1216文字

「弁当は腐るが、エロ本は腐らない」

 人手不足が深刻さを増すなかでは商品管理の手軽さも魅力だった。1時間刻みで消費期限が定められる弁当・惣菜や、最新号が次々納本される週刊誌などと違い、成人向け雑誌は同じ商品を比較的長く棚に置いておける。「弁当は腐るが、エロ本は腐らない」。ある加盟店オーナーは、本誌の取材にそう話した。

 コンビニチェーン本部は、こうした現場の声を考慮。販売中止には極めて慎重な姿勢を貫いてきた。17年には千葉市で成人誌の表紙にカバーをつけて販売する取り組みも計画されたが、関係者の反対で中止に追い込まれている。

 逆にいえば、今回発表した方針転換は、コンビニをめぐる環境がそれだけ変化している現実を映し出している。コンビニの顧客層がかつての独身男性から、女性やファミリー層にまで広まって久しい。訪日外国人の爆発的な増加により、公の場に成人誌が堂々と置かれていることへの違和感の指摘も増えた。

 「かつては外せない商品だったけれど、最近は無しでもやっていけているかな」。今回の発表を受けて、本誌にそう語る加盟店オーナーもいた。「そもそも私の信念で、もう長らく店舗に置いていない。納本されても、すぐに送り返してきた」というオーナーも。

 単身世帯や共働き世帯の増加をはじめ、コンビニは常に社会の趨勢をとらえ、そこにあわせて商品やサービスを変化させることで現在の姿にまで進化を遂げてきた。成人誌の取り扱い中止も、その一つと考えるべきなのだろう。