ソニーから独立したパソコンメーカーVAIO(長野県安曇野市)が、ロボットを軸とする電子機器の受託製造サービス(EMS)事業を強化する。1月16日、ロボットの開発・製造からサービス運用までの機能をまとめて提供する「ロボット汎用化プラットフォーム」を発表した。企業のロボット事業への新規参入を促す考えだ。

 ロボット汎用化プラットフォームは、CPU(中央演算処理装置)やモーター、マイク、カメラ、センサーなどを使うロボットのハードウエアの設計・製造から、動作に必要な頭脳となるソフトウエア、対話に必要となる音声認識や出入力などのソリューションまで、ロボット開発に必要となる機能をすべて提供するもの。ユーザー登録用のサーバーやサポート業務なども用意する。1月16日に東京ビッグサイトで開催した「第3回ロボデックス ロボット開発・活用展」で提供サービスを初公開した。

ロボットを前面に押し出すVAIOの展示ブース
ロボットを前面に押し出すVAIOの展示ブース

 VAIOは様々な技術を一括提供することで、一般企業のロボット事業参入のハードルを引き下げたい考え。さらに個別受注が多い、ロボット開発の効率化を図る狙いもある。「我々に任せてもらえば、すべてを提供できる」とVAIO NB事業部の児嶋信二部長は自信を見せる。

 もちろん、強い技術を持つ企業とは積極的に組んでいく。今回、HOYAと業務提携し、同社が手掛ける音声合成エンジンをプラットフォームに盛り込んだ。すでに複数の企業と協業しており、「今後もロボットに必要な技術を持つ企業とのパートナー連携を強化したい」と児嶋部長は話す。

VAIOに残る「AIBO」のDNA

VAIOにはロボットの開発や製造を請け負ってきた実績がある
VAIOにはロボットの開発や製造を請け負ってきた実績がある

 VAIO本社がある安曇野市の工場は、かつてソニーのロボット「AIBO(アイボ)」の生産拠点だった。ソニーのパソコン事業分離により2014年7月に独立した後も、かつてのノウハウを活用し、トヨタ自動車や富士ソフト、バンダイなどからロボットの開発・製造を受託してきた。

 独立後、VAIOは法人向けパソコンを軸に業績を改善。16年5月期には黒字化を果たした。18年5月期も増収増益となり、業績は堅調だ。ただし、さらなる成長には、パソコンに次ぐ第2、第3の柱が欠かせない。VAIOではEMS事業、そしてVR(仮想現実)などのソリューション事業を強化していく方針を掲げている。

 「ロボットの開発依頼は多く、断っている案件もあるほど」と児嶋部長はうれしい悩みを明かす。新サービスでロボット開発を効率化できれば、VAIOの売り上げ増加に貢献しそうだ。日本のロボット業界の成長を加速する可能性も秘めている。

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。