レオパレス21に全取締役の解任を求めている「物言う株主」村上世彰氏が、二の矢を放った。今度はレオパレスに主力の賃貸事業の他社への譲渡を提案したのだ。賃貸事業といえばレオパレスの主力事業。だが施工不良問題の影響でブランド価値が著しく毀損しており、もはや他社の助けなしには復活できない、という判断だ。主力事業の売却は、事実上の「身売り提案」とも言える。村上氏以外の株主の賛同を得ることはできるのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1612文字 / 全文1623文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。