ビール大手4社の事業説明会が1月6日に集中して開催された。アサヒビールは「スーパードライ」を発売36年目で初めてとなる全面刷新を打ち出し、サッポロビールも発売45周年を迎えた「黒ラベル」のリニューアルを決めた。コロナ禍で業務用ビールは厳しい環境が続くなか、各社が「狭義のビール」に力を入れる理由とは。

「アサヒスーパードライ」の発売から36年で初めてとなる全面刷新を発表したアサヒビールの塩沢賢一社長(右)と松山一雄専務取締役マーケティング本部長
「アサヒスーパードライ」の発売から36年で初めてとなる全面刷新を発表したアサヒビールの塩沢賢一社長(右)と松山一雄専務取締役マーケティング本部長

 東京都内が大雪に見舞われた1月6日、ビール業界は異様な熱気に包まれていた。この日、ビール大手4社(キリンビール・アサヒビール・サントリービール・サッポロビール)が立て続けに2022年の事業説明会を開催したのだ。各社の広報担当者は「4社の事業説明会が同じ日に重なるのは過去になく、前代未聞だ」と口をそろえる。

 ビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)市場が縮小する環境下で4社が一様に掲げた戦略は、「狭義のビール」の再成長だ。

 コロナ禍で20代や30代の“宅飲み”需要が増えるなか、若者に「まずはビール」と思ってもらうための商品刷新に全力投球する。既にキリンビールやサッポロビールなどでは、若者がクラフトビールやプレミアムビールを愛飲する傾向が顕著になってきたという。そうした流れを本格的な市場拡大へとつなげるのがビール会社の最重要課題となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1801文字 / 全文2338文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1分解説」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。