ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(写真:的野弘路)

 誰もが知る著名企業の“近過去”に遡り、バズワードなどに惑わされないぶれない思考を養うことを目的としたウェビナーシリーズ「ケースで学ぶ『逆・タイムマシン経営論』」。第1回では、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの経営史を振り返りつつ、会長兼社長の柳井正氏のぶれない経営から、経営の本質を見極めるためのヒントを探った。

 1月27日(水)夜8時から開催したウェビナー「ユニクロ 強さの源流」では、『逆・タイムマシン経営論』の共著者である一橋ビジネススクールの楠木建教授と社史研究家の杉浦泰氏が講師となり、日経ビジネスで「ファストリ、異次元の経営」を連載した庄司容子記者も交えて、ユニクロの強さを議論した。ここでは、当日の学びの一部を読者の皆さんと共有したい。

 まず、簡単にファストリの歴史をスライドで振り返っておこう。

柳井氏が掘り当てた“すごい鉱脈”

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り2002文字 / 全文2443文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケースで学ぶ「逆・タイムマシン経営論」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。