最新の消費者データとともにコロナ禍における消費者の変化を分析してきた本シリーズも、今回が最終回となりました。今回は、より先の未来に目を向けていきましょう。

 コロナと戦い、共生する世界を表す「ウィズコロナ」に対し、コロナを乗り越えた先の世界は「ビヨンドコロナ」と呼ばれます。コロナ収束を迎えたその時、人々はどのような消費観を持ち、どのような消費生活を生きていくのでしょうか。今回も、EYストラテジー・アンド・コンサルティングによる消費者調査データを基に議論しながら、「消費者たちのビヨンドコロナ」について考えていきましょう。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

収束後も財布のひもは締めたまま…現実的な声が多数

 「コロナとの戦いに終止符が打たれ、ビヨンドコロナが訪れたとき、あなたは消費スタイルをどのように変えると思いますか?」 この質問を国内の消費者に投げかけた結果が次のグラフです。

消費スタイルの変化(ウィズコロナ・ビヨンドコロナ)
消費スタイルの変化(ウィズコロナ・ビヨンドコロナ)
出所:EYストラテジー・アンド・コンサルティング
[画像のクリックで拡大表示]

 調査の結果、コロナ収束後に予想される消費スタイル変化のベスト3は、次のようになりました。

第1位 日ごろの出費・支出に対して慎重になる(48%)
第2位 現金の使用をなるべく少なくする(47%)
第3位 買い物の頻度をなるべく減らし、まとめ買いする(45%)

 第1位は「日ごろの出費・支出に対して、慎重になる」でした。回答者の約半数が、コロナ収束後も支出を引き締め、節約を続けるだろうと答えています。半面、コロナ収束時にはこれまでの買い控えムードから一転、自動車や家具・家電といった大型消費が増える可能性があることも分かりました。収束後は節約志向をベースとしながらも、個人消費が盛り上がるタイミングが来ることを示唆しています。

続きを読む 2/3 合理的でシンプルな価値を求める若者、さらに健康志向を強める高齢層

この記事は会員登録でコメントをご覧いただけます

残り2671文字 / 全文2699文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「[定点観測]“禍中”の消費者をデータで読む」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。