オンライン会議で発言するには

<span class="fontBold">川西由美子(かわにし・ゆみこ)</span><br>1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年に設立したEAP総研の代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後、フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得。現在はランスタッド傘下となったEAP総研の所長を務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。
川西由美子(かわにし・ゆみこ)
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年に設立したEAP総研の代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後、フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得。現在はランスタッド傘下となったEAP総研の所長を務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 出発点として、人はそれぞれ考えていることが違います。「答えは決まっているからそれを伝えればいい」と考えるのは傲慢です。会議は本質的に解決を急ぐものではなく、会話を続けることで知を引き出し、チームの考えを熟成させていくために開くものです。対話によって、頭の中で考えていたことが言葉になっていくことは少なくありません。

 より多くの人が議論に参加し、チームとしての「意見」の構成要員となったほうがいい。「透明社員」は存在しないほうがいい、というのは共通認識ではないでしょうか。作曲家、チャイコフスキーの言葉でこんなものがあります。

 「ひらめきは突然、訪れるお客様ではない」

 人々が皆持っている「ひらめき」の要素。それを引き出すのが、会議の本来の目的であるはずです。

 では、本題に入りましょう。

 どうすれば、会議で積極的に発言できるか、です。ヒントは、先ほど挙げた「発言しにくい理由」にあります。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1552文字 / 全文3170文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「川西由美子の相談室「それでいいのよ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。