全3294文字

 新型コロナウイルスの感染拡大で、企業の経営は大きく変化しました。リモートワークや時差出勤が定着し、「社員を時間で管理する」という日本的な労務のあり方が見直されようとしています。上司や部下との関係のあり方や仕事の進め方に悩んでいるのは、あなただけではありません。

 新シリーズ「川西由美子の相談室『それでいいのよ』」では、行動健康科学に基づく組織開発とストレスマネジメントの専門家である川西由美子氏(ランスタッドEAP総研所長)を講師に招き、読者の皆さんが抱えている悩みに答えていきます。


■川西先生に相談したい内容を募集します

 川西先生に悩みを相談したい方は、「お悩みアンケート」にお答えください。相談内容を編集部で確認・選考の上、編集部が皆さんのお悩みを川西先生にお届けします。

>>「お悩みアンケート」に回答する

(写真:PIXTA)
川西由美子(かわにし・ゆみこ)
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年に設立したEAP総研の代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後、フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得。現在はランスタッド傘下となったEAP総研の所長を務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 はじめまして。ランスタッドEAP総研の川西由美子です。

 新型コロナの感染拡大を受け、世の中が大きく変化しました。環境が変わると、どう対応していいか戸惑うもの。当然、ストレスも増えます。これまでの常識が通じない状況で、何かと思い悩むことも増えたのではないでしょうか。

 でも、そんなときに、自分で解決しようとするのは得策ではありません。このコーナーでは、皆さんの悩みをお聞きし、ストレスマネジメントの専門家の観点からアドバイスをしていきたいと思います。皆さんの心のケアになればうれしいです。

 まず、自己紹介をさせていただきます。

 私が専門とする領域は「ビヘイビアルヘルスサイエンス(行動健康科学)」という分野です。あまり聞き慣れない用語だと思います。

 日本では、心の問題を扱う場合、メンタルヘルスや心理学といった言葉がよく使われますね。行動健康科学は、心と行動の連動をテーマとします。気持ちが変われば行動でき、行動することで心も健康になる。組織と個人が、健康で活動的になることを目的とします。

 主な顧客は企業ですが、これまで幅広い組織、人々と向き合ってきました。東日本大震災翌年の2012年から3年間は、厚生労働省の委託事業として福島県の南相馬市で市民のメンタルケアを担いました。旭化成の陸上部でメンタル面のチーム強化を手掛け、駅伝の成績を引き上げたこともあります。ウェブのカウンセリングサイトを2002年に立ち上げるなど、遠隔でのケアも得意とするところです。

 さて、今後このコーナーでは、皆さんから悩みや疑問を募集し、私なりの対応の仕方をお伝えしていきたいと思うのですが、今回は最初なので、私からテーマを設定いたしますね。

悩み:ウェブミーティングの仕方がよく分かりません。

 よかれと思って関係しそうな部下に幅広く声をかけ、自分なりに熱量を込めて話しているつもりなのですが、どこまで理解してもらえているのか、不安になります。会社は在宅勤務を推奨しているので、部下に直接合って話すことはしづらい状況です。とはいえ部下の状況にもしっかり目を配れという指示も上層部から下りてくるので、メールやチャットでできるだけ声をかけるようにしています。

 最初の頃はチャットなどへの部下からの返信は比較的早かったのですが、最近、その返信が遅かったり来なかったりすることもあり、「スルー」されているようで気になります。

 遠隔でも部下とうまくコミュニケーションするにはどうしたらいいでしょうか。

 リアルでの会議と異なり、どれだけ意図が伝わっているか、プラスになっているか、手応えがないと感じることも多いのではないでしょうか。

 これに対する答えは、ずばり「時間泥棒にならないこと」です。

 時間泥棒の性格は、相手に配慮しないこと、です。遠隔だとどうしても、相手の状況を把握するのが難しくなります。仕事の環境が、リアルからウェブに置き換わっただけ、と考えるのはやめましょう。相手が見えないリモート環境では、「受け取られ方」がリアルよりも幅広くなります。