本シリーズでは、行動健康科学に基づく組織開発とストレスマネジメントの専門家である川西由美子氏を講師に招き、働き方や上司と部下の関係、チームマネジメントなどについて、読者の皆さんが抱えている悩みに答えたり、分析したりします。今回は、社員の成長を早めて生産性を向上させる工夫について考えます。


■川西先生に相談したい内容を募集します

 川西先生に悩みを相談したい方は、「お悩みアンケート」にお答えください。相談内容を編集部で確認・選考の上、編集部が皆さんのお悩みを川西先生にお届けします。

>>「お悩みアンケート」に回答する

 こんにちは、川西由美子です。

 残暑厳しいですが、朝と夜は少し涼しくなったようにも感じます。まだまだ日差しの強さが残っていますので水分補給を忘れず、体のケアと共に心の健康にも注意してお仕事に励んでください。

<span class="fontBold">川西由美子(かわにし・ゆみこ)氏</span><br />1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダが本社の総合人材サービス会社ランスタッド(日本法人)と合併後、クライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連出版社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。
川西由美子(かわにし・ゆみこ)氏
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダが本社の総合人材サービス会社ランスタッド(日本法人)と合併後、クライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連出版社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 さて、前回のインタビューでは、「社員の成長を早めるコミュニケーション術」について考えました。問題解決の前段階である問題自体の捉え方や、問題に向き合うための声のかけ方など、社員の早期成長に欠かせない方法について、ホテルやビルなどのIoT化を進めるX1Studio(東京・千代田)社長のウィリアム・アチュリさんからお話を聞いて学びました。

 ウィリアム社長の「失敗しても大丈夫!」という考え方に対して多くの方から、「この考え方は必要」とのコメントをいただきました。一方、医療関係者や安全対策関連に従事している方々からは、「この考えでは我々の仕事は成り立たなくなる」との意見もありました。

 私も医療機関で働いていましたので、その指摘はよく分かります。例えば、手術は失敗してはいけませんよね。「失敗してもいい」という考えが適用できるのは、事業開発や問題解決の過程においてだと私は思います。

 今回は、「失敗してもOK!」と呼びかけて社員の士気を高めたウィリアム社長の話をひもといて、なぜ社員の成長が早まり、生産性が上がったのかをもっと心理学的に考えてみたいと思います。

挑戦と失敗こそがアイデアを生む

 米シリコンバレーのモットーに「Fail Fast(誰よりも早く、多く失敗せよ)」という言葉があります。職場の壁にそれを大きく掲げてあるシリコンバレーの会社は珍しくありません。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1996文字 / 全文2961文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「川西由美子の相談室「それでいいのよ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。