本シリーズでは、行動健康科学に基づく組織開発とストレスマネジメントの専門家である川西由美子氏を講師に招き、働き方や上司と部下の関係、チームマネジメントなどについて、読者の皆さんが抱えている悩みに答えたり、分析したりします。 今回は、三谷産業の三谷忠照社長との対談を通じて、組織をよりよい方向に向かわせるための工夫について考えます。


■川西先生に相談したい内容を募集します

 川西先生に悩みを相談したい方は、「お悩みアンケート」にお答えください。相談内容を編集部で確認・選考の上、編集部が皆さんのお悩みを川西先生にお届けします。

>>「お悩みアンケート」に回答する

 こんにちは、川西由美子です。

<span class="fontBold">川西由美子(かわにし・ゆみこ)</span><br> 1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダが本社の総合人材サービス会社ランスタッド(日本法人)にてクライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連出版社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。
川西由美子(かわにし・ゆみこ)
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダが本社の総合人材サービス会社ランスタッド(日本法人)にてクライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連出版社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 東京五輪は新型コロナウイルス禍での開催となりましたが、画面越しに映る勝利に向かって粘り強く戦う選手の姿や真剣なまなざしに刺激を受けた方々も多いのではないでしょうか。

 さて、前回は人々の気分と行動を変えるきっかけを作る「言葉の力」をテーマにお話ししました。今回は、皆さんにもっと感じていただけるように生の声をお届けしたいと思います。社員の行動が自主的に変わることによって組織を内部から活性化させたゲストをお迎えし、お話を伺いました。お相手は、三谷産業の三谷忠照社長です。

 三谷産業は1928年に創業し、石炭の卸売業から始まりました。石川県金沢市に本社があり、化成品や医薬品原薬製造などの化学品、自動車部品などの樹脂・エレクトロニクス、IT関連の情報システムなど6分野で事業を展開しています。

社員の行動を変える秘訣とは

 三谷さんは創業家出身で、2017年に32歳の若さで社長に就任しました。新社長就任前に668億円だった会社の売り上げを、4年後の21年3月期に805億円に増やし、会社を成長させました。コロナ禍でも21年3月期の純利益は、1988年の上場以来過去最高益でした。

 どのように社員の行動を変え、業績を伸ばしたのでしょうか。さっそく訊(き)いてみましょう(ここでの「訊く」は、心理学専門家目線で『相手の心の内を聞き出す』という意味で使っています)。

川西由美子氏(以下、川西氏):三谷さんが社長就任後、「会社の利益増加につながった」と思える社員の行動変容はありましたか?(ここでの「行動変容」という言葉は「心を安定させ、新たに理解したことを適切な場面で行動につなげる」という心理学的な意味で使っています)

三谷忠照・三谷産業社長(以下、三谷氏):まず業績についてですが、私が社長に就任する以前からの投資が花開いたことも大きいのですが、私が行ったこととしては、社員が行動を変えられるように新たな仕組みを作りました。それは、目標管理内容の見直しです。簡単に言えば、「望ましい結果が出たときに社員を評価する」のではなく、「社員が望ましい行動を取ったことを評価する」というものに変えました。

川西氏:社員の行動を変容させることを目的とした目標管理ですか。個々の行動に介入する行動心理学的にも、とても興味があります。ぜひ詳しく教えてください。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り2799文字 / 全文4078文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「川西由美子の相談室「それでいいのよ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。