本シリーズでは、行動健康科学に基づく組織開発とストレスマネジメントの専門家である川西由美子氏を講師に招き、働き方や上司と部下の関係、チームマネジメントなどについて、読者の皆さんが抱えている悩みに答えていきます。

 今回は、気持ちいい運動を効果的に続けるための工夫についてです。ぜひ、皆さんも日々、取り組んでいることなどがあればコメント欄で教えてください。

(写真:PIXTA)

 こんにちは、川西由美子です。

 コロナ禍でのゴールデンウイークは、今年で2年目でしたね。昨年との違いを思い出しながら、制限下でもリフレッシュできるお気に入りの場所に、皆さまも足を運ばれたのではないかと思います。

川西由美子(かわにし・ゆみこ)
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダが本社の総合人材サービス会社ランスタッド(日本法人)にてクライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連出版社)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 今回も読者の皆さんからのご質問にお答えいたしますね。

 前回の「行動を習慣化するために、知っておきたい脳の働きとは」で、運動習慣をつけるためには、脳のリワードシステム(気持ちいいと思うことを脳が繰り返し求める仕組み)をうまく活用するとよいとお伝えしました。すると複数の読者から、「気持ちいいと感じる運動をするには何をするのが効果的ですか?(そうすれば運動することを忘れずにいられそうです)」という質問が寄せられました。

 ありがとうございます。こうして記事を通じ、対話ができたことに感謝します。私は心理学が専門ですので、まず気持ちいいと感じることについて触れていきたいと思います。

 「気持ちいい=よし、またもっとやってみようか!」につなげるための心理学の考え方に、「セルフエフィカシー(自己効力感)」というものがあります。前回お伝えしたリワードシステムは脳の仕組みでしたが、セルフエフィカシーは心の仕組みです。

前向きになるための4要素

 もっとやってみようと思うには、自分が置かれている状況で必要な行動がうまくできているなと思うことが大切です。言い換えれば、「自分はできている」「大丈夫だ」「もっとできるかもしれないぞ」という自分の可能性を認知している状態です。カナダ人の心理学者アルバート・バンデューラ博士が提唱した概念です。このセルフエフィカシーをサポートする4つの要素があります。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1846文字 / 全文2750文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「川西由美子の相談室「それでいいのよ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。