本シリーズでは、行動健康科学に基づく組織開発とストレスマネジメントの専門家である川西由美子氏(ランスタッド・クライアントソリューション組織開発ディレクター)を講師に招き、働き方や上司と部下の関係、チームマネジメントなどについて、読者の皆さんが抱えている悩みに答えていきます。

 今回は、変化に対する不安感を克服するために必要なことは何かを考えます。ぜひ、皆さんも、不安感を克服するためのちょっとした工夫など、ご意見をお寄せください。


■川西先生に相談したい内容を募集します

 川西先生に悩みを相談したい方は、「お悩みアンケート」にお答えください。相談内容を編集部で確認・選考の上、編集部が皆さんのお悩みを川西先生にお届けします。

>>「お悩みアンケート」に回答する

「ハッピー」な気持ちになっていますか?(写真:PIXTA)

 こんにちは、川西由美子です。

 私、専門家としてあるまじき失敗をしてしまいました。

川西由美子(かわにし・ゆみこ)
1998年に行動健康科学をベースにしたコンサルティング会社を創立。2005年からはEAP総研代表取締役として多くの企業でメンタルヘルス対策などにあたり、その後フィンランドで、世界25カ国で使われている組織活性化技法「リチーミング」の指導者資格を取得した。現在はオランダ・ランスタッドでクライアントソリューション組織開発ディレクターを務める。臨床心理学や産業組織心理学が専門で、著書に『ココロを癒せば会社は伸びる』(ダイヤモンド社)、訳書に『産業組織心理学によるこれからのリーダーシップ』(日科技連)など。ベトナムやインドネシアの企業・大学でも研修・教育活動を行っている。

 実は、1月から所属するランスタッドでの役職が変わりました。新たな肩書は、クライアントソリューション組織開発ディレクター。少し難解な名称ですが、ようは、顧客企業の社内改革を推進して組織を活性化する部門の取りまとめ役です。

 もちろん、得意分野である行動健康科学や臨床心理学は活用します。働く人の意識改革と組織の機能改革を並行して進め、激変する時代の波に乗れる推進力をつけるのがミッションです。ただ、以前のように仕事が専門分野にとどまらないことから、戸惑いが先行し、ここ数カ月、自分をプロテクトするスイッチが入ってしまったのです。

 これは一般的な現象で、少しでも不安があると、見たくないものは見ない、つらいことはやらない、嫌なことは後回しにするなどして、自分の居心地を良くして「ココロ」を守ろうとする機能です。悪いことではないのですが、とにかく、動けない(笑)。脳では「動かなくちゃ」と焦っても、心はブレーキ。そして、リズミカルに一歩を踏み出せない自分がいました。

 専門家としては、まさに「あるまじき」恥ずかしい失敗ですね。誰にも起こることだと改めて実感したのですが、こういうときにはどうすべきか。多くの相談者の方には、日常とは違う行動をとって、視野を広げることを勧めてきました。私自身も最近は、日常に変化を持たせず、自分の部署以外には目を向けなくなっていました。

 そこでまず、当社のプレスリリースをしっかり読むことから始めました。社内全体を見るのが目的です。日常と違う行動は普段使っている脳を休め、使っていない脳を動かすため、脳の活性化を促します。ランスタッドは多くのIT企業を買収し、総合人材サービス会社としての幅を広げていました。

 日常と違う行動をした効果はてきめんで、視野が広くなり、組織の中で自分が何をすべきかの整理が進みました。歩き出し始めると、課題がどんどん見えてきて、プロテクトスイッチはすっかりオフになりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、企業はデジタル技術による業務の変革、デジタルトランスフォーメーション(DX)を迫られています。リモートワークが一般的になり、リアルの場を前提としてきた業務を変えざるを得ないのですが、急な変化に、人は器用についていけない。そこで、働く人の心理面のケアと併せて組織改革を進める必要性が生じています。

 国がDXをビジネス改革につなげるためのガイドラインを出すなど、環境は整ってきました。ただ、転換の渦に入ってしまうと、どうしても最初は、プロテクトスイッチがオンになってしまいます。そのあたりが、何のためにDXを実現するのかという視点を見失い、DX自体が目的となってしまいがちな要因ではないかと私は思います。

 今回は、DXを「気持ちよく」導入するコツについてお伝えできればと思います。先ほどの私のお恥ずかしい話は、それを考える上での参考になると思います。ポイントは、全体を見渡して自分の立ち位置を確認し、行動によって脳に刺激を与え、グッドサイクルを引き出すことです。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1713文字 / 全文3368文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「川西由美子の相談室「それでいいのよ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。