「足るを知る」の大切さ

 「幸せな状態とは」という問いに対して、誰もがまず直感するのが「お金がより多くある」ということですよね。これは、何にでも交換できる万能な貨幣がたくさんあればあるほど、より多くの欲求や願いを満たすことができ、幸せが増幅する、という考え方であろうと思います。

 一見納得性の高いこの考え方に、行動経済学の大家ダニエル・カーネマンが行った実験が疑問を呈します。いわく、収入の多寡と幸せが比例するのは年収900万円までだとか。

 「相手の心を読む」の回でも紹介した、恣意的に設定した参照点を基準に物事を判断する、という人間の性質を思い出していただけると、これは納得がいくのではないか、と思います。

 つまり、収入が上がれば、上がったなりの生活水準が参照点(つまり「当たり前」)になり、それによりもたらされる幸福のレベルが減衰し、さらに高い収入を得たくなる、という無限ループに人は陥ってしまう、というわけです。

 ここから言えそうなのは、お金による幸せを感じたければ、人間のこの性質を理解し、「足るを知る」というマインドセットを持つことがポイントになる、ということです。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り4439文字 / 全文6683文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「“働く”をマーケティングする」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。