読者の皆さんと一緒に親、そして自分自身の「老い」とうまく付き合うための「エイジングリテラシー」を学ぶシリーズ。今回から、「老いに伴う体の変化」について考えます。

 今回は、筆者である酒井穣氏と同じ、「団塊ジュニア世代」に特にフォーカスして考えます。皆さんの体験談や悩みなど、ぜひコメント欄でシェアしてください。

団塊ジュニア世代の皆さま、健康寿命に気を配っていますか(写真:PIXTA)

 リクシス副社長の酒井です。私自身、団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)に属するのですが、あと10年ちょっとで、この年代が定年退職となることに思いを巡らせると、なんとも複雑な気持ちになります。

 この年齢になると、10年といった時間がいかに早く過ぎていくかが自覚されます。例えば、東日本大震災から、もう10年です。初代iPhoneの登場からだと、もうすぐ14年です。フェイスブックが始まってからは、16年が過ぎました。グーグル検索のサービスが始まってからは、既に22年がたっています。

 私たち団塊ジュニア世代が高齢者になるのは、近未来のことです。そして団塊ジュニア世代は広く認識されている通り、不遇の世代です。雇用は不安定で非正規が多いという特徴があります。そのような環境のため貯蓄も進まないまま、年金不安も抱えています。

 そうした背景から、団塊ジュニア世代の多くは、定年退職後も、できる限り長期にわたって働き続ける必要があります。人工知能の台頭による雇用不安もあり、その前途は多難です。それでもとにかく、生涯現役を覚悟し、自分たちの人生を切り開いていかなければなりません。

 そんな人生の先行きを考える上で、健康寿命(介護などを必要とせずに生きられる年齢の上限)を引き延ばしていくことは、生活の前提となる重要なテーマです。健康寿命を延ばしつつ、仮に介護が必要となったとしても、その重度化を避けるために必要となるのが、本シリーズのテーマである「エイジングリテラシー」です。今回は、私たち自身に介護が必要になるときの、その境界条件について基本的な考え方を見てみます。

議論のテーマ(7)
新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークの日々が続いています。最初の頃は毎日3キロほどジョギングしていたのですが、それにも飽きてしまいました。40代後半に突入し、気が付けば腹の回りの肉はたるみ、ちょっとした運動ですぐに筋肉痛になるほどで、明らかに体力が衰えています。一方、「食欲の秋」のせいか、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。健康を維持するために、今日から何をしたらいいでしょうか。

(46歳 男性 会社員)

第1の戦略:急に健康状態が悪化することを回避する

 もちろん個人差はあるのですが、私たちの健康状態は、時間とともに徐々に悪化していくケースが大多数となっています。まずは、こうしたファクトを確認するところから始めましょう。次ページのグラフを見てください。

続きを読む 2/3 第2の戦略:老化による健康状態の悪化を回避する

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り546文字 / 全文2997文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「老いに備える「エイジングリテラシー」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。