(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 皆さんこんにちは。リクシス佐々木です。

 前回記事では、団塊ジュニア世代以降のビジネスパーソンが、「未曽有の両立サバイバル」時代に突入する、という構造変化についてお話しました。

 これまでの20年とこれからの20年の最大の違いは、「働く世代」の家族構成と働き方のパラダイムシフトです。

 私自身団塊ジュニア世代ですが、この世代以降は兄弟姉妹が極端に少なく、未婚率も高い。

 結婚していたとしても晩婚で、40代後半で幼い子供を育てている家庭も多い。女性の登用・活躍も進み、共働きで、男女関わらずそれぞれの責任を会社で背負っている。

 高齢の親の「老い」や「介護」に向き合わなければならないことは分かっているけれど、昔のように、多くの兄弟姉妹で分担したり、専業主婦である配偶者に頼ったりする、ということができない。人によっては、仕事も育児も介護も同時に行い、ケアをする対象高齢者も1人ではない(自分の両親、配偶者の両親を含むと複数人介護が当たり前になる)──。

 このまさに、未曽有のサバイバル両立時代を私たちが生き抜いていくためには、一体何が必要なのでしょうか。

 今日は、皆さんから頂いたコメントなどを交えながら、その答えを、具体的にひもといていきたいと思います。

認知症の疑いでも通院をしぶる親をどう説得する?

 最初に具体的なケースについて、情報知識がどれほどのインパクトを持つか、皆さんと考えていきたいと思います。

物忘れが激しくなってきたように感じる、遠方に住む父。心配なので病院に連れて行こうと思っても、「俺は大丈夫、年寄り扱いするな」と取り合わない。あなたならどうする?

A.とにかくあの手この手で家族による説得を試みる
B.本人が嫌がるのでしばらく様子見することにする
C.その他

 こちら、皆さんはどう考えるでしょうか。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り2949文字 / 全文3735文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「老いに備える「エイジングリテラシー」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。