(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 日本は、超高齢社会に突入しています。そうした社会では、現役世代の人々が、高齢の親の介護をすることは、ますます当たり前になっていきます。団塊の世代が75歳を突破する2025年以降は、仕事と介護の両立は、3人に1人のビジネスパーソンに起こる問題(2025年問題)となります。

 例えば、2万人以上のビジネスパーソンを対象とした弊社の独自データによれば、仕事と介護の両立中/両立がいつ始まってもおかしくない状態にある人は、45歳を境に、急増することがわかっています。

[画像のクリックで拡大表示]

 家族の介護を行っている人は、様々な負担に悩むことになります。こうした悩みが抑うつ症状につながることもあるため、放置しておくことはできません。従業員の仕事と介護の両立問題は、そのまま、従業員のメンタルヘルス問題でもあるわけです。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1268文字 / 全文1626文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「老いに備える「エイジングリテラシー」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。