(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 前回の連載記事では、いざというときに、適切に頼るべき「かかりつけ医」について考えてみました。少なからぬ人が「かかりつけ医」と連携しています。実際に『健康と保健医療に関する世論調査』(2017年)では「普段からかかりつけている医療機関(=かかりつけ医)がありますか」との質問に対して「ある」が66%、「ない」が 34%でした。

 親の「かかりつけ医」が誰なのか、正しく認識しておくことの大切さについても考えました。親が認知症になってからでは、誰が「かかりつけ医」なのか分からなくなってしまう可能性もあります。

 それにもかかわらず、現役のビジネスパーソン約3万人を対象としたリクシスの「仕事と介護の両立支援システムLCAT」のデータ分析からは、親のかかりつけ医を知っている人はわずか32%(9865人)で、68%(2万1105人)は、いざというときに連絡すべき医師を知らないと回答しています。

 今回は、前回の連載記事に対して頂戴したコメントを踏まえつつ、もう一歩、親の「かかりつけ医」について考えてみたいと思います。

「かかりつけ医」が介護の負担を軽減してくれる?

 日本の高齢化が進んでいます。政府としても、複数の慢性疾患を抱える高齢者が増加することを問題視しています。そうした高齢者に、自分の健康について包括的に認識し、必要な専門医に対して適切に相談していくよう求めるのは、現実的ではありません。

 そうした背景から「かかりつけ医」には「予防や生活全般に対する視点も含め、継続的・診療科横断的に患者を診るとともに、必要に応じて適切に他の医療機関に紹介する」(第25回 医療計画の見直し等に関する検討会)といったことが期待されています。

 自己判断で病院を転々とするはしご受診(ドクターショッピング)を行うと、検査が増えて医療費がかさむだけでなく、検査による身体へのダメージがあったり、薬の種類が多くなり過ぎて、副作用の危険が高まったりもします(ポリファーマシー)。

 私たちは、健康について包括的に認識してくれる「かかりつけ医」と連携することによって、医療費を抑制し、病気や介護の予防にもつなげることができるわけです。この点、Makitaさんからのコメントが、とても示唆的です。


Makita
 個々の専門医療については対応してもらえないけれど、親の日常生活と病状との関連性や病状の推移もわかってくれているかかりつけ医の存在は大きいです。結局母は老人施設に入りましたが、その時にもかかりつけ医に施設入りを後押ししてもらいました。

 親の介護を在宅で行うのか、または老人ホームのような施設で行うのかといった判断に関しても「かかりつけ医」が後押しをしてくれたりもします。病気の状態のみならず、生活全般を理解した上で、適切な判断を助けてくれる「かかりつけ医」の存在は、本人にとって重要なだけでなく、介護をする家族にとってもありがたいものなのです。

治す医療と支える医療

 最新の検査機器が充実している総合病院や大学病院などに求められるのは、特定の病気に対する専門性です。最先端医療のイメージがあるからか、なんでも総合病院や大学病院に頼ろうとする人が生まれてしまうのは、仕方のないことかもしれません。

 しかし介護という文脈に求められるのは、特定の病気に対する専門性だけではありません。不治の病を抱えていることも多い高齢者の場合、そうした病気を治療するという視点だけでなく、病気を抱えながらも自分らしく幸せに生きていくことが求められます。

 「かかりつけ医」は、生命の維持に直接関係する心身機能・構造のみならず、仕事や趣味といった活動や社会参加についても現状を理解し、その維持や改善に対して働きかける存在です。「かかりつけ医」は、こうした「生きることの全体像」を、以下のようなフレームワークによって把握しています。

 私たちの多くは「治す医療(EBM / evidence based medicine)」ばかりに注目しがちですが、介護を前提とした高齢者福祉を考える場合、それだけでは不十分なのです。そこには「治す医療」との両輪としての「支える医療(NBM / narrative based medicine)」が必要とされています。

 私たちは、患者の人生を共に歩み、語り、生活や人生を支える存在としての「かかりつけ医」について、もっと知る必要があると思います。もちろん、医師によって考え方や価値観も異なるのが普通です。であるならば、私たちは、自分や親と考え方や価値観の近い「かかりつけ医」に出会っていくことに、より真剣であるべきではないでしょうか。

この記事はシリーズ「老いに備える「エイジングリテラシー」講座」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。