会社と敵対しない労組って?

篠田氏:皆さんがまず自分たちでキャリアコンサルタントの勉強をして資格を取ったというのは驚きです。

塩澤氏:ベンチャー企業のような軽やかさは、私たちの売りです(笑)。

 大きな組織とは違い、私たちは試験的に、何でも自分たちでやってみることができます。そもそも、キャリア相談も会社に提案しようかという話もありましたが、まず自分たちで実験をしてみようと。それでうまくいけば、会社側にも強く提案できます。

 実際にキャリア相談をしてみると、組合員の声を拾うのに非常に有効なアンテナ機能になります。当初は若手の相談が多いと想像していましたが、我々より大先輩のベテランの方や中堅社員など幅広い層から問い合わせがあります。そして世代別、性別、属性別に、悩みの傾向があって、「この世代はこういうことを考えているのか」という発見があります。

 例えば現中期経営計画で、会社は「事業経営人材の育成」を打ち出しています。関係会社等の経営改善をできる人材を育てたいということです。

 それを聞いた若者たちからは敏感に「事業経営人材になるにはどうしたらいいのだろう」「何となくあのポストのことのようだけれど、順番が回って来なさそうだから転職しちゃおうかな」といった悩みが出てきます。キャリア相談では、こういった社員の反応を把握することができ、傾向を踏まえた会社への施策提言も可能になります。

<span class="fontBold">塩澤美緒(しおざわ・みお)氏</span><br> 2008年三井物産入社。2013年インド三井物産に研修員として赴任。オーストラリアやサハリンでのLNG事業を担当した後、2018年三井物産労働組合執行部。20年三井物産労働組合創設以来初の女性リーダーとして第59期中央執行委員長就任。(撮影:的野弘路)
塩澤美緒(しおざわ・みお)氏
2008年三井物産入社。2013年インド三井物産に研修員として赴任。オーストラリアやサハリンでのLNG事業を担当した後、2018年三井物産労働組合執行部。20年三井物産労働組合創設以来初の女性リーダーとして第59期中央執行委員長就任。(撮影:的野弘路)

篠田氏:こうした塩澤さんたちの取り組みは、ゼロサムゲームのようなベア闘争と違い、大前提として会社が発信しているメッセージをかなりプラスに受け止めているように感じます。伝統的な労組なら、「会社と戦う」ということをもっと重視しているようにも思いますが。

塩澤氏:もし会社からの提案が明らかに社員のエンゲージメント向上に資さない、明らかに企業価値にプラスでないのであれば、もちろん戦います。

 しかし、私たちMPUは「中長期的な会社の発展を通じて、組合員の利益最大化に資する」をミッションに掲げ、基本的には目指している方向は会社と一致しています。また会社側も、独自のエンゲージメント調査をやっており、社員のエンゲージメントを高める重要性は認識しています。

篠田氏:会社にとっても、労組のアンテナ機能は信頼を置ける存在だと。

塩澤氏:そう思ってもらっていると思います。「ストだ」と脅迫しても、問題はもっと複雑で、いがみ合っているだけでは変わりません。企業価値向上の観点から「もっとこうしたほうがよいのでは」という話をします。

篠田氏:利害が一致するという点で言うと、見方によっては人事部がやるべき仕事を別動隊として動いている感覚にもなってこないのでしょうか。特にキャリアコンサルタントの取り組みは、人事部と重なるような部分もあると感じます。

塩澤氏:まず、経営からのトップダウンではなく、社員からのボトムアップであること、純粋にエンゲージメントと企業価値向上に価値を置いて提言できることは強みだと思います。また独立組織なので、人事に言えないことも、我々には言えるということがあるかもしれません。

 また、先ほどお話しした通り、中堅以下で構成されるベンチャー気質の組織なので気軽に新しいことを始められるということも、差別化できる存在意義だと思っています。

次ページ 組合は内だけでなく、外に目を