全3152文字

 読者の皆さんとコロナ後のキャリアや組織を考えていくシリーズ「世界の事例で考えるコロナ後のキャリアと組織」。前回の記事「[議論]こんな上司ならうまくいく リモートワークの功罪と対処法」では、リモートワークをいかに機能させるかについて、皆さんからのご意見を募集しました。貴重なコメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

 今回は皆さんからいただいたコメントを踏まえ、前回に引き続き組織・人事に関する大手コンサルティングファーム、コーン・フェリー・ジャパンの加藤守和シニアプリンシパルを講師に迎え、リモートワークの有効な取り入れ方についてヒントをいただきます。

(写真:PIXTA)

北西厚一(日経ビジネス編集)前回は加藤さんから、リモートワークがもたらす功罪例、また、世界でどのような動きが広がっているのかを具体的なデータを使って示していただきました。世界でのリモートワークの広がりは我々の想像を上回るものでした。今後、世界ではオフィスに集まって仕事をするスタイルが、「働き方の選択肢の1つ」となりそうな予感もありますね。

 翻って、日本ではどうすればいいのか、読者の皆さんから、リモートワークの機能のさせ方について意見をいただきました。多くの日本企業は勤務時間によって従業員を管理し、職務や責任が曖昧な「メンバーシップ型」を採用しています。リモートワークを根付かせるには、組織のあり方、仕事への認識などを根本から変える必要があるとの指摘が多かったように思います。

 新型コロナウイルス感染症は日本でも、東京都を中心に再び増えています。在宅勤務が意外と機能するという発見もあり、「オフィスなど1カ所に集まって働くのが当たり前」という発想が薄まっている感は否めませんね。では、リモートワークをどのように取り入れれば、仕事はうまく回っていくのか。加藤さんに解説していただきます。