全2201文字

旬の「あの人」と対話ができる。参加者同士でつながれる──。日経ビジネスは、記事やイベント、動画を組み合わせた新しいコンテンツ「Raise LIVE」をお届けします。あなたも、このコミュニティーの一員になりませんか。

水曜日は副編集長の原隆が「起業家は語る」と題した連載とイベントを担当します。

[Raise LIVEのトークイベントに申し込む]

(写真:PIXTA)

 メディアで仕事をしていると、よく聞かれるのが職域についての質問だ。メディアには係長もいなければ課長もいない。そこにあるのはシンプルで、基本的には「記者」「デスク」「編集長」しかいない。

 レストランに例えると分かりやすい。記者はとにかく新鮮な食材を仕入れてくる係。デスクはその仕入れた食材をどう調理するかの役割だ。寝かせて熟成させたほうがおいしくなるのであれば寝かせるし、新鮮なうちに出したほうがよければすぐに出す。必要な付け合わせがあれば、仕入れ係に指示を出す。編集長はレストランの方針を決める料理長の役割だ。世の中がどのような料理を求めているのかを培った才覚で見極める。

 仕入れる食材が新鮮じゃなかったら、レストランの評判は落ちる。仕入れた食材が新鮮であっても調理の仕方を間違えたら、それもまたレストランの評判を落とすことにつながる。そもそも出す料理が世の中のニーズに合っていなかったら、レストランは潰れる。長く同じ会社で仕事をしていると、分業体制であることがどうしても染み付いてしまう。

 あれは、2015年の年末に差し掛かるころだ。当時、日経コンピュータの記者をしていた筆者に上からミッションが下りてきた。

 「フィンテック専門誌の市場可能性のリサーチ、および創刊準備をせよ」

 これまで「日経パソコンオンライン」「日経ネットマーケティング」と二つの媒体創刊準備に関わった経験はあったが、いずれもリードしてくれる先輩や上司がいた。また、プレ創刊号などのテスト版を出してリサーチするための時間が最低半年間以上は用意されていた。

 そのため、フィンテック専門誌を創刊するにしても2016年夏ごろだろうと勝手に想定していた。だが、期限は4月まで。それまでには創刊せよという。正直、頭を抱えてしまった。

 分業体制に慣れてしまっていたからだ。創刊はとにかくやるべきことが多い。ターゲットをどこに据えるか、どのような事業モデルにするのかといったことから、ロゴをどうするか、デザインをどうするかといったことまで、とにかく考えて決めなければならないことが多い。過去の創刊に携わった経験を思い出しながら一つひとつ潰していくしかないのだが、時間が限られているということもあって、ゆっくりと思案する時間が取れない。

 そのとき、相談した1人がマネーフォワードの辻庸介社長だった。当時の様子は今でも鮮明に覚えている。日本橋三井タワーのロビーで電話した。そもそもニーズはあるのか、どこにターゲットを据えるべきなのか、頭を抱えていた筆者の相談を一つひとつクリアにしてもらった。

 それだけではない。「スタートアップはなんでもやる」という気概を学んだ。いつしか自分の中で持ってしまっていた「この仕事は自分の仕事ではない」という意識を捨てる必要があった。

 スタートアップ企業だろうが、新規事業の立ち上げだろうが、そんなことを言っている余裕はない。できることはなんでもやらなければならないし、そもそも目標を共有した後は、一人ひとりが判断して動かなければ、とてもではないが限られた期限内に事業は立ち上がらない。

 起業家のマインドを学んだのはそのときだ。そして、そのマインドは仮に起業家でなくても、学ぶべきことが多いと感じた。

 マネーフォワードの辻社長とはその後、創刊した「日経FinTech」が開催するイベントなどで、何度もお世話になった。だが、日経FinTechを離れた今、当時、教えてもらった起業家マインドについて改めて伺ってみたいと思う。

 本日(20年2月5日)午後7時から開催するRaise LIVE「起業家マインドの強みを生かす」では、起業家のみならずビジネスパーソンがどうすれば起業家マインドを生かせるのかというテーマで対談する。当日申し込みも受け付けているほか、イベントに参加できない方はライブ配信をご用意している。お時間があればぜひ参加いただきたい。

「起業家は語る」トークイベント

2/5 起業家マインドの強みを生かす
ゲスト:マネーフォワード社長CEO 辻庸介氏

2/12 自動運転社会で日本が発揮できる強み
ゲスト:ティアフォー取締役会長兼最高技術責任者(CTO)加藤真平氏

2/19 「D2C」ブランドで実現する「理念経営」
モデラート代表取締役 市原明日香氏

[Raise LIVEのトークイベントに申し込む]

Raise LIVEのラインナップ


曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
連載名 多様化する稼ぎ方、達人が明かす秘訣 「幸せ」な働き方は 起業家は語る 何が組織を腐らせるのか 星野リゾートの方程式2020
イベントの主なゲスト ストリートアカデミー代表取締役社長
藤本崇氏 など
『働き方の哲学』著者、
キャリア・ポートレート
 コンサルティング
村山昇氏 など
マネーフォワード社長CEO
辻庸介氏 など
ワンキャリア取締役
北野唯我氏 など
武蔵野大准教授
宍戸拓人氏 など
担当者 島津 翔 定方 美緒 原 隆 大竹 剛 中沢康彦