全6703文字

旬の「あの人」と対話ができる。参加者同士でつながれる──。2月、日経ビジネスは記事やイベント、動画を組み合わせた新しいコンテンツ「Raise LIVE」をお届けします。あなたも、このコミュニティーの一員になりませんか。月曜日は記者の島津翔が「多様化する稼ぎ方、達人が明かす秘訣」と題した連載とイベントを担当します。

「多様化する稼ぎ方、達人が明かす秘訣」トークイベント

2/10 SNS時代に副業を成功させる秘訣

2/17 パラレルキャリアの始め方・実践編

[Raise LIVEのトークイベントに申し込む]

前回から読む)

 2月3日、Raise LIVEのイベント第1弾にはスキルシェア大手・ストリートアカデミーの藤本崇社長が登壇。2019年に売れたスキルランキングを基に、どんなスキルに値段が付くのかを語った。「第一人者である必要はない。一般の消費者より少しだけ詳しい分野の経験や知識があれば売れる」(藤本社長)。どうやって自らのスキルを棚卸しして消費者のニーズをつかむのか。藤本社長がイベントで明かした秘訣をお届けする。

2月3日のRaise LIVEに登壇したストリートアカデミーの藤本崇社長(左)。モデレーターは記者の島津翔(右)(写真:ドリームムービー)

 イベントでは3つの話題を提供した。1つ目は、ストリートアカデミーが運営するスキルシェアプラットフォーム「ストアカ」について。ストアカには様々な講座が並び、スキルを提供する「先生」と、その講座を受けたい「生徒」とをマッチングする。講座は対面式が原則だ。対面式には、不要な資料などを売りつけられたり様々な勧誘にあったりするリスクもある。藤本社長がそれでも対面式にこだわっているのはなぜなのか。



連載「多様化する稼ぎ方、達人が明かす秘訣」では、新しいサービスやテクノロジーによって、それまで価値が付かなかったものが売れるようになっているという状況を描きたいと思っています。ストアカは「スキル」に値が付いている。まずはサービスの概要を教えてください。

藤本崇・ストリートアカデミー社長(以下、藤本氏):ストアカは「大人の学び」に特化していて、先生役がスキルや経験を対面で消費者に提供しています。起業した8年前、無料のQ&Aサイトなどはありましたが、有料を前提として、特に対面で提供するサービスはありませんでした。有料という点で、先生役はスキルで「稼ぐこと」ができる。

 対面にこだわっているのは、「学び」という行為に大人が求めているのは個別具体の情報ではないと考えているからです。

 情報はインターネットで検索すればすぐに出てきます。起業当時はグーグルが先生でしたが、今はYouTubeの中にたくさんの先生がいて、無料で動画を使って教えてくれる。そうした情報ではなく、消費者は学ぶことを通じて得られるフィードバックや気付き、人との交流を求めているんです。人とのつながりから得られるものですね。体験と言ってもいいと思います。

私も実際に講座を取材しました。中には受講者同士で仲良くなってコミュニティーが生まれている例もあります。

藤本氏:おっしゃる通りです。スキルを学びに行くという目的はもちろんありますが、みんな、その場が楽しいんです。情報はどこででも手に入りますが、「同期」がたくさんいてサポートし合えるという環境が楽しい。実はスクールに通う理由ってそこが大きいと思いませんか? 自分1人では継続できないけど、仲間と一緒なら続けられるし、楽しい。講師からスキルを学ぶのももちろん重要ですが、仲間から得られる視点や気付きもある。だから我々は、対面でかつグループ受講ということにこだわっています。

こうしたCtoCのプラットフォームはたくさんありますが、怪しげな講座が並んでいるものも少なくありません。ストアカが荒れていないのはなぜですか?

藤本氏:最初はすごく荒れていたんですよ。こうしたマッチングのプラットフォームは、エンジニアが2週間くらいで作ってしまうことができるような比較的簡単なプログラムなんです。だから起業してすぐに競合がたくさん現れました。でも、ストアカも含めどこも荒れてしまった。勧誘や裏がありそうなもの、短期的に稼ぎたいことがすぐに分かるもの……。メディアでストアカが取り上げられるたびに、そうしたものがたくさん入ってきました。

 我々はそうした講座に対するルール作りや撲滅運動などを丁寧に続けてきました。

 みんな昔はこう言っていたんです。「性善説なんて無理だ」と。例えば私が校長先生になって面接して、気に入らないものを落とせば、それはそれで良い講座だけが残りますよね。でも、それではサービスとして広がらない。CtoCのサービスとして盛り上げるには、個人が教えたいと思った時に教えられないと意味がない。でもそれではリスクが残る。「そんなの無理だ」と言われました。

 でも我々は、「基本的に誰でも先生になれる」という線は崩しませんでした。その代わり、ある程度のネガティブチェックを用意しました。それを丁寧に丁寧にアップデートしてきた。徐々に徐々にですが、ご指摘されたような講座がなくなってきた。これが今の我々の強みですね。