今年は帰省ラッシュは見られそうにない?(写真:つのだよしお/アフロ)
今年は帰省ラッシュは見られそうにない?(写真:つのだよしお/アフロ)

 今年も残り2週間を切ったが、例年ほど年末の慌ただしさは感じないかもしれない。新型コロナウイルスの流行で忘年会はほぼなくなり、在宅勤務を強化する会社も増えた。冬場に入ってからの感染拡大で、年末年始の移動も限定的となりそうだ。

 JTBが12月8日に発表した「年末年始の旅行に関する意識調査」によると、帰省を含めて1泊以上の旅行に行きたいと考えている人は14.8%となり、前年から5.2ポイント減った。それも「自宅から近いところに車で移動し、近しい家族と少人数で1泊2日が主流」(JTB)。調査を実施したのは11月17~19日で、ちょうど日本医師会の中川俊男会長らが「コロナを甘く見ないでください」と訴えていたころだ。

 その時点から比べ、「コロナ第3波」はさらに大きくなっている。1日の感染者数は12月12日に初めて3000人超となり、同17日には東京都だけで800人を上回った。重症患者の病床使用率は大阪府や東京都で50%を超えており、死者数は1日50人以上に驚かなくなった。こうした兆候を受けて、政府はようやく重たかった腰を持ち上げた。

 14日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、「Go Toトラベル」を全国一斉に一時停止することを決めた。菅義偉首相は11日に出演したインターネット番組で全面停止を否定していたが、その後「自ら判断した」のだという。政府はGo Toをこれまで「感染防止と経済再生の両輪」の象徴としてきた。ただ、感染者の急増で内閣支持率が急落したことで、スタンスの転換を迫られたとみられる。

 これにより、年末年始の「小需要」を期待していた全国のホテルや旅館からは「キャンセルが相次いでいる」といった悲鳴が聞こえる。都内に住む50代の会社員女性は「年末年始は京都の実家に帰省しようと考えていたが、取りやめた」と話す。東海道新幹線の指定席予約は16日時点で前年比70%減。9日時点で発表していた同66%減から悪化し、予約客は今後、さらに減少する可能性もある。

 近場はどうか。例えば、人が集まる神社やお寺はコロナ対策に追われている。正月三が日だけで約300万人以上の初詣客が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)は12月31日~1月3日までの入場規制を予定。太宰府天満宮(福岡県太宰府市)は初詣の期間を3月末までに延ばす。尾張多賀神社(愛知県常滑市)は手水舎を自動水栓に変え、触れずに手を清められるようにした。



 いかにして「密」を避けつつ、有意義に過ごすかを問われる年末年始。恒例の行事もままならない中、皆さんはどう過ごしますか。

 「なんでそんなことを聞くの?」と思う方もいるかもしれませんが、人の動きは、経済の動き。それぞれの行動が新たなビジネスのヒントになるかもしれません。ぜひ、皆さんのご意見をお寄せください。

【議論のテーマ】

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、年末年始、皆さんはどう過ごしますか?

※日経ビジネス電子版の議論の場「Raise」では、様々なテーマの議論に参加できます。コメント投稿機能にご登録の上、ご参加ください。

>>コメント投稿機能(リゾーム)に登録する

この記事はシリーズ「両論激論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。