全3262文字

 新連載「両論激論」は、意見が割れているテーマに対し、両論の識者に取材してそれぞれの意見を掲載し、読者からの意見を募集する。災害や福祉、環境などの社会的なテーマから、ビジネスやテクノロジー、ライフスタイルまで。両論のメリット・デメリットを整理し、読者の皆さんと未来を考えていく。

 第1弾のテーマは「堤防の強化」だ。台風19号の影響で全国各地で堤防が決壊し、甚大な被害が発生。国が設置した調査委員会は川を流れる雨水が堤防からあふれる「越水」が決壊の影響との見解を発表した。流れ出た水が宅地側から堤防をえぐったという見方だ。

台風19号によって東日本各地に被害が発生した。写真は長野市の様子(写真:高椋俊樹/アフロ)

 台風19号だけでなく、今年は台風15号などによる豪雨が全国各地で大きな被害を出した。水害対策が改めて注目を集める中で、「堤防をさらに強化すべきだ」という意見と、「堤防強化には問題もある。ソフト対策も含めた防災の在り方を模索すべきだ」という意見が対立している。

国土交通省が「気候変動で雨量が増加傾向にある」として堤防強化に乗り出す方針を持つ一方で、河川工学の大家である宮村忠・関東学院大学名誉教授は「堤防はリスクにもなる」と反論する。両者のインタビューを掲載する。

堤防はリスクにもなる

宮村忠氏
関東学院大学名誉教授
専門は河川工学。1985年に関東学院大学工学部教授、2010年に関東学院大学名誉教授。国土交通省「高規格堤防の効率的な整備に関する検討会」座長などを歴任

10月の台風19号など、今年も各地で豪雨災害が発生しました。自然災害が激甚化する中、国は対策の一環として河川堤防の強化を検討しています。

宮村忠・関東学院大学名誉教授(以下、宮村氏):皆さん堤防ができればという期待感はあるだろうし、一般的に治水といえば堤防が挙げられるけれど、堤防って造るだけじゃ駄目で、非常に維持管理が大変なんですよ。

 堤防は土で造るのが一般的だから、地震が起きれば内部でクラック(裂け目)ができるかもしれないし、大雨が2~3日も降り続くと傷みも生じる。モグラや野ウサギが穴を開けちゃうかもしれない。モグラと堤防の決壊との因果関係ははっきりしていないけれど、大体の場合はモグラがいるようなところが堤防が切れています。

 堤防も含めて防災施設は何十年や100年に1回とかいわれる災害が起きたときに計画通りの活躍ができなければなりません。しかも、そういう災害はいつ起きるか分からない。だから非常に長い距離に設けられた堤防が常に能力を発揮できる状態か管理しておかなければなりません。マンパワーも膨大になります。