全1535文字

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄延期、日米貿易協定が発効、米中貿易摩擦の長期化……。2020年、日本の通商を巡る環境が大きな変化にさらされます。そのとき、日本はどのような進路を進むべきか。ゲストに通商の専門家、細川昌彦氏を招き、これまでの交渉の舞台裏を振り返りながら、激動の世界経済を生き抜くヒントを探るイベント(有料会員限定)を緊急開催します。

■連載中
細川昌彦の「深層・世界のパワーゲーム」

細川 昌彦(ほそかわ・まさひこ)
中部大学特任教授(元・経済産業省貿易管理部長)
1955年1月生まれ。77年東京大学法学部卒業、通商産業省入省。「東京国際映画祭」の企画立案、山形県警出向、貿易局安全保障貿易管理課長などを経て98年通商政策局米州課長、2002年貿易管理部長など通商交渉を最前線で担当した。
2002年ハーバード・ビジネス・スクールAMP修了。2003年中部経済産業局長として「グレーター・ナゴヤ」構想を提唱。2004年日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長。2006年経済産業省退職。現在は中部大学で教べんをとる傍ら、自治体や企業のアドバイザーを務める。

【開催概要】

■Raise LIVE
細川昌彦氏に聞く 日韓、日米、米中 通商交渉の深層

■日時
2019年12月19日(木) 19:00(受付開始18:30)

■場所
先進映像tech共創ラボ EJEVAR

住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留3階
カレッタ汐留カレッタプラザ(地下2階)からGATE Aに入り、キャニオンテラス行きエレベーターで3階においでください

※EJEVAR(エジェバル)とは:仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの先進映像技術に携わる産学官民が集結し、次世代の映像表現を通してカルチャー・アート・ビジネスモデルを開発していくラボ

■プログラム
18:30 受付開始
19:00 開会
    公開取材
    1)GSOMIA破棄延期の「その後」、日韓で何が起きているのか?
    2)日米貿易協定発効で2020年はどうなる?
    3)米中貿易摩擦は長期化するのか?
20:00 質疑
20:30 閉会
20:45 懇親会(希望者のみ)

※1ドリンク無料(公開取材中にご提供します)

※公開取材終了後の懇親会にはゲストと編集部員が参加します。参加する場合は別途2000円(税込み)を当日、会場にてお支払いください

■定員
25人

■ 参加資格
日経ビジネス電子版の有料会員
※ 有料会員の方は無料(懇親会を除く)でご参加いただけます。参加登録はPeatixで受け付けています。有料会員でない方は、あらかじめ有料会員にご登録のうえ、ご来場ください。

>>参加登録はこちら

>>日経ビジネス電子版の有料会員登録はこちら

■ 当日受付
スマートフォンをご持参ください。日経ビジネス電子版のマイページを表示した画面を受付でご提示いただき、「有料会員」であることを確認いたします。

■関連記事
韓国の“独り相撲”のGSOMIA狂騒を読み解く
ルールを逸脱した「日米貿易協定」に海外からの厳しい目
トランプ氏“ファーウェイ発言”の裏にワシントンの暗闘

■ その他
イベントの模様を撮影・ライブ配信する予定です。参加者が映る場合がありますが、ご了承ください。

■問い合わせ先
日経BP読者サービスセンター

 イベントの模様はライブ配信(有料会員限定)を予定しています(質疑応答を除く)。ライブ配信のページは後日、お知らせいたします。日経ビジネスRaise LIVEシリーズをフォローいただくことで、マイページに通知されます。

>>日経ビジネスRaise LIVEをフォローする
※リンク先のページで「シリーズをフォロー」ボタンを押してください