全5764文字

大企業の働き方改革で先頭を走ってきた味の素。人事部時代に日本型雇用の在り方に限界を感じていた西井孝明社長は、日本が再び成長していくためには生産性の向上が欠かせないと語ります。ただし、それは国内で働き方を効率化すればいいというだけではありません。日本のような「デフレマインド」がない海外で、日本発の高付加価値製品を販売することで収益性を高める一方、人事面ではグローバルに通用する雇用モデルを導入することが成長につながると語ります。

>>「トヨタも悩む新50代問題 もうリストラでは解決できない」(10月14日号特集)

>>「目覚めるニッポン」記事一覧へ

(注:コメントの投稿は有料会員限定です)

■お知らせ■

【日経ビジネス Raise Live】

日経ビジネスの読者と時代を開くイノベーターとのライブ対話「Raise Live」。生産性向上の論客、小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長と、働き方改革に並々ならぬ情熱を注いできた味の素・西井孝明社長の対談イベントを開催します。テーマはもちろん「生産性向上」。日本が再び成長するための「この一手」を語り尽くします。

参加ご希望の方は、記事最後の募集要項をご覧ください。

■日時
2019年11月18 日(月) 18:30~
■場所
都内(参加者のみにご連絡します)
■参加希望受付
応募する
※記事最後の募集要項をご覧ください

西井孝明(にしい・たかあき)味の素社長
1959年生まれ。78年奈良県立畝傍高等学校を卒業後、同志社大学文学部に入学。82年、同志社大学を卒業し、味の素に入社。営業やマーケティング、人事などを担当。2004年に味の素冷凍食品に出向し、取締役に就任。当時不振事業だった家庭用冷凍食品の業績を改善。09年には本社人事部長を務め、11年に執行役員に就任する。13年にはブラジル味の素社長に就任。15年に創業家を除いて、歴代最年少となる55歳で味の素社長に就任。(写真:北山 宏一、以下同じ)

西井さんが考える、日本が再び成長するための一手は何でしょうか。

西井孝明氏(味の素社長、以下、西井氏):一言で言うと、デービッド・アトキンソンさんが提唱されているように、生産性向上をもっと本気でやるしかないと思います。生産性向上というのは、効率化だけではありません。バリュー(価値)を上げていく、一つひとつの仕事、顧客へのソリューションのバリューを上げていき、顧客から受け取れる対価を引き上げていくことです。あくまでも、効率化はバリューの向上とともに実行するものです。

 日本が世界に置いていかれている最大の理由は「デフレスパイラル」だと言われています。商品とサービスのトップライン(売り上げ)、つまり提供する価値に見合う価格を付けられていないことです。バブルが崩壊した1990年代からコストダウンに必死に取り組んできていますが、価格の上がり方がものすごく弱い。その結果として、人件費も上げられずにいます。

 アトキンソンさんはまず、最低賃金を上げて、それによって企業の淘汰が進むことで、生き残った強い企業がバリュークリエーション(価値創造)をしていくというシナリオを描いておられますが、私もそのプロセスは必要だろうと思います。

 その中で、我々の打ち手として、どうやってバリューを上げ、価格を上げていくのか。それを考えると、日本の人口が減少していく中、国内だけではどうしても難しい。海外にもっと出ていくしかないと考えています。現在、味の素の海外売上比率は5割を超えていますが、もっと高めていく必要があります。