50代には「解毒」が必要

70歳まで第一線で働くために、「プロティアン・キャリア」という考えを提唱されています。

田中氏:プロティアンには「変化し続ける」という意味があります。つまり、プロティアン・キャリアとは変幻自在にキャリアを形成していくということです。1つの会社で勤め続けて一生を終える時代ではありません。会社など組織の中だけでのキャリア形成ではなく、自分でキャリアをデザインしていくことが求められています。

(関連記事:タナケン先生のプロティアン・キャリア講義

 まずは、皆さんも「プロティアンな生き方をしているか」をチェックしてみてください。以下の表で15項目中8割(12項目)以上チェックが付けば、「プロティアン」です。

■プロティアン・キャリアかどうか調べてみよう
項目 チェック
毎日、新聞を読む  
月に2冊以上、本を読む  
英語の学習を続けている  
テクノロジーの変化に関心がある  
国内の社会変化に関心がある  
国外の社会変化に関心がある  
仕事に限らず、新しいことに挑戦している  
現状の問題から目を背けない  
問題に直面すると解決するために行動する  
決めたことを計画的に実行する  
何事も途中で投げ出さず、やり抜く  
日頃から、複数のプロジェクトに関わっている  
定期的に参加する(社外)コミュニティが複数ある  
健康意識が高く定期的に運動している  
生活の質を高め、心の幸福を感じる友人がいる  

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り1934文字 / 全文3922文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題