大学は特色を出さないと「偏差値偏重」から逃れられない

大学入試改革を国任せにせず大学自身が、多様性を後押しする入試をどのように実施するか、もっと真剣に考えなければならないということですか。

小林氏:それをしないと、本当に特色のある教育ができないと思います。特色を出せないから、偏差値重視の呪縛から逃れられないのではないでしょうか。

 もちろん、海外にも「アイビーリーグに入りたい」といったようなブランド志向はいまだにあります。しかし、日本よりは本当にやりたいことを考えて進路を選ぼうという気質が強いと思います。ISAKの生徒もそうですが、必ずしも全員がアイビーリーグに行くことがいいとは思っていません。

この記事は会員登録で続きとコメントをご覧いただけます

残り4039文字 / 全文6745文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題