全3179文字

[ペアガラスを加工する工程]

7:ペアガラスのスペーサー(内枠)に吸湿剤を入れる

8:ペアガラスのスペーサー(内枠)を注文サイズに合わせて加工する

9:2枚のガラスを洗浄する

10:2枚のガラスとスペーサー(内枠)を貼り合わせてプレス(圧着)する

11:貼り合わせた2枚のガラスの端部を封着材で覆う

12:2枚のガラスに外枠をつける

現状の問題点(仮想)

あなたは現場メンバーから現状をヒアリングし、様々な問題点をリストアップしました。

  1. お客様の注文納期に遅れそうな場合があり、特急品の対応に追われる
  2. 材料である大サイズのガラスの中には、表面がひずんで切断しにくいものもある
  3. お客様からガラス表面の傷に関する品質不具合の報告を受けたことがある
  4. 切断工程では、頻繁にガラスの品種変更に伴う準備作業が発生し設備が停止する
  5. 出荷前の検査では、傷による品質不具合の検出が増えている
  6. 作業員によって作業方法が異なり、品質や作業時間にばらつきがある
  7. 切断工程で作業に時間がかかるため、この工程の前に在庫がたまっている
  8. 生産数量の減少や品質不具合の増加によって、コストが上がっている

メンターからのコメント

磯村幸太
AGC 生産性革新推進部
このケーススタディを通して、皆さんが取り組む仕事の価値とは何か? 価値を生み出すプロセスはどのようなものか? どんなアプローチや視点で改善を進めるか? など、皆さんの仕事の改善を考えるきっかけになれば幸いです。