全3179文字

ケーススタディ「窓ガラス工場の生産性を上げよ」

 あなたはAGCの新入社員で、住宅用窓ガラスを生産する工場に実習配属されました。あなたのミッションは、現場リーダーとしてこのラインの生産性向上プロジェクトを指揮することです。

※このケースでは「”モノ”に価値を付加するプロセス」について考えますが、ホワイトカラーの仕事では「”情報”に価値を付加するプロセス」と置き換えてみると、自分の仕事での応用を考えることができます。

(写真:以下、全て柴仁人)

生産している製品:住宅用窓ガラス(ペアガラス)

ガラスに金属膜をコートし、2枚のガラスの間に乾燥した空気を封じ込めることで、光を通しながらも断熱できる。空調使用を抑えつつ、夏は涼しく冬は暖かい快適な空間を実現できる。

 

生産プロセス

別の工場から大サイズの金属膜付きガラス板を調達し、以下の工程を経て住宅用窓ガラス(ペアガラス)製品として出荷する。

[ガラスを切断する工程]

1:大サイズのガラス板を、材料置き場から運ぶ

2:注文サイズに合わせてカッターで切り線を入れる

3:切り線に沿って、ガラスを折る

4:台に飛び散った細かいガラス片を掃除する

5:ガラスの端面を磨いてきれいにする

6:切断済みのガラスをパレット(入れ物)に入れてカバーをかける