全8420文字

 各業界をよく知る第一線のゲストに話を聞きながら、今後、その業界がどう変わっていくかを探る連載「入山章栄・安田洋祐の業界未来図鑑」。第4回シリーズ(File 4)ではコンビニエンスストア業界を取り上げている。ローソン専務執行役員の宮﨑純氏と同社の人事本部人事管理部長(取材時点ではローソン中食商品本部商品戦略部長)の荒井淳司氏、小売り・流通業界に詳しいnakaja lab代表で中小企業診断士の中井彰人氏をゲストに招き、コンビニ業界について本音の議論を展開している。

 今回はコンビニの“1丁目1番地”である商品戦略について語り合う。コンビニではプライベートブランド(PB)商品が花盛り。食品を中心に、各社とも、魅力あるPB商品の開発を競い合っている。「売り場にPBばかり並んでゲンナリ……」という声もあるが、PBは今後もさらに増えるのか。消費者にメリットはあるのか。

(取材・編集=小林佳代)

入山:「入山章栄・安田洋祐の業界未来図鑑」、今回、取り上げるのはコンビニエンスストア業界ということで、ローソンの本社にお邪魔して、専務執行役員である宮﨑さん、それから商品戦略部長を務められている荒井さん、そして小売り・流通業界に詳しい中井さんに来ていただいてお話を伺っています。安田さん、ここまで議論してきていかがですか。

安田:今、24時間営業やその背景にあるコンビニ本部と加盟店とのフランチャイズ契約内容などが社会問題化しています。非常に難しいながらも解決策の方向性を探り、AIなどのテクノロジーを使って本部と店舗の双方の問題を軽減していく道筋を見つけようとしているということは感じました。

入山:恐らく本部の強さと現場の裁量の自由度にはトップ3社でも違いがあります。比較的本部が強いとされているセブン-イレブンから今年いろいろな問題が出てきたというのも、その辺が関係していると思いましたね。

安田:今後、今の問題が是正される方向に進んでいくと、もしかしたらファミリーマートやローソンにはチャンスが生じるということになるかもしれませんね。

入山:そういうことですよね。さて、ここからは少し違う視点でお話をお聞きしていきたいと思います。今回のテーマは商品です。

 今、コンビニの商品で話題になるのは、なんといってもプライベートブランド(PB)商品ですね。コンビニが自分たちのブランドでいろいろなモノを売っています。僕もポテトチップスやドリンク、いっぱい買ってます。

安田:安くていいですよね。PB商品。ありがたいです。

ほぼ同じ商品なのになぜか安い

入山:そうね。ほぼ同じ商品なのに、なぜか安いですからね。ではせっかくなので、まずここにある○×棒を使って皆さんの意見を聞いてみましょう。

 コンビニで今、非常に広まっているプライベートブランド、今後ももっと増えていくのか、広がっていくのかということについて、ご専門の立場から「○」か「×」かを考えて出していただきたいと思います。安田さんもね。

安田:僕もですね。はい。

入山:PBはもっと増えていくと思う方は「○」を、そう思わない方は「×」を挙げてください。では、お願いします。

 ああ、全員「○」ですね。では中井さん、そう考える理由をお願いします。