全7035文字

 各業界をよく知る第一線のゲストに話を聞きながら、今後、その業界がどう変わっていくかを探る「入山・安田の業界未来図鑑」。このシリーズではボストンコンサルティンググループ(BCG)前日本代表の御立尚資氏、マッキンゼー・アンド・カンパニー出身で退社後、非営利法人(NPO)のクロスフィールズを立ち上げた小沼大地氏をゲストに招き、外資系コンサルティング業界について議論を進めている。

 今回の議題は外資系コンサルの未来。AI(人工知能)の浸透などビジネス環境が激変する中で、これから先もクライアントに価値を提供し成長・発展していけるのか。人員を増やし事業を拡大したり、ビジネスモデルそのものを変えたりと、既に変容を始めたコンサルティング業界だが、未来に向け、さらに機能も組織も大きく変えるチャレンジに迫られている状況が浮き彫りになった。

(取材・構成=小林佳代)

現在の議論のテーマ
「業界未来図鑑」シリーズは、入山氏と安田氏が聞き手となった対談動画や記事を題材に、コメント機能を利用して読者と入山氏、安田氏、編集部が対話形式で議論を深めていきます。今回はいよいよ、「コンサルティング業界は今後、どうなるのか?」をテーマに読者からの自由な意見、質問を募集します。記事下のコメント欄にご意見をお願いします。

>>次ページ 4人の議論を全文公開