全7335文字

 「あの業界、今、どうなの?」「競争環境が厳しくなるけれど、今後は大丈夫なの?」――。就活中の大学生やビジネスパーソン、経営者にとって、未知の業界の内情は大きな関心事だ。

 連載「入山章栄・安田洋祐の業界未来図鑑」では、経営学者の入山章栄氏と経済学者の安田洋祐氏が、それぞれの業界の関係者や業界をよく知るゲストを招き、都合のいい話も都合の悪い話も、ざっくばらんに議論し尽くす。読者からのコメントも積極的に取り入れ、業界を深掘りしていく。テキストによる記事に加えて、音声でも情報を提供。現場で繰り広げられる熱のこもった議論をリアルに味わえる仕掛けとする。

 第5シリーズ(File 5)では、ゲーム業界を取り上げる。このセッションでは、ゲームの「影」を語り合った。画面上で人を撃ち合うシューティングゲームは、子供に悪影響を及ぼすのではないかと懸念されがちだ。いつでもどこでも遊べるスマートフォンゲームの普及でゲーム依存症になったり、ガチャで課金し過ぎたりするという問題を指摘する声もある。業界ではどのような取り組みをしているのか。政府はゲーム規制を導入すべきなのか。ホスト役の2人がゲストに鋭く斬り込んだ。

(取材・編集=小林佳代)

安田:「入山章栄・安田洋祐の業界未来図鑑」、5つ目の業界としてゲームを取り上げています。2回目のセッションでは、スマートフォンゲームについて深掘りしていきます。前回のお話で、今の日本のゲーム業界は市場規模で言うと全体が1.7兆円、そのうちスマホゲームが1.2兆円に達しているということでした。全体の約3分の2が既にスマホゲームである、と。

入山:びっくりしましたね。

安田:スマホゲームの場合は従来の家庭用ゲームと違って、いつでもどこでもゲームが楽しめるので、「ゲーム浸り」になってしまうとか、特定のアイテム欲しさにたくさん課金をしてしまうとか、一部で問題も指摘されています。そこで今回は、スマホゲームの「影」の部分について、ゲストの方たちに伺っていきたいなと。

入山:僕の息子もゲームが大好きで、めちゃくちゃハマってます。僕はそんなにうるさく言わないのですが、奥さんはやっぱり気にして「いつまでやってるの」と小言を言っている。恐らく、日本中の家庭で同じようなことが起きているでしょう。

安田:まず齊藤さんにお伺いしたいのですが、スマホゲームで長時間遊んでしまったり、依存状態になってしまったりするという実態は明らかになっているのでしょうか。

齊藤昌幸・みずほ銀行産業調査部調査役(以下、齊藤):いや、恐らくそうした問題は、スマホゲームというよりゲーム全体に対して指摘されるものだと思います。

齊藤昌幸(さいとう・まさゆき)
みずほ銀行産業調査部調査役 2010年にみずほ銀行入行。みずほ証券アドバイザリー第六部、みずほ銀行東京法人営業部などを経て、2019年から現職。ゲームのほか、アニメなどのコンテンツ産業や広告などのメディア業界を担当する。(写真:陶山 勉)

安田:なるほど。

齊藤:スマホゲームってカジュアルなゲームが多いんですね。例えば、一度に10時間プレーするというような遊び方はスマホゲームにはあまりないんです。

入山:そうか、没入感があってハマりまくるのはどっちかというと家庭で遊ぶ「据え置き型」だと。スマホゲームの方がライトだから、すぐやめられるということですか。

齊藤:もちろん、アンケートなどを取ると、1週間でかなりの時間をスマホゲームに割いていると回答するユーザーも中にはいます。ただ、依存などの問題でいうと、クオリティーが高くて没入感があるような据え置き型ゲームが中心になるんじゃないかと思います。