全320文字
現在の議論のテーマ
パナソニックの新ビジョン「くらしアップデート」について、どんな印象を持ちますか?商品戦略やマーケティングなど様々な側面からご意見をお待ちしています。

 2018年に創業100周年を迎えたパナソニック。長らく“家電メーカー”として定義してきた自らの存在意義を、デジタル化の中でどのように再定義するのか。津賀一宏社長が出した答えが、「くらしアップデート業」です。

 これまでもオープン編集会議では、公募で募った「オープン編集会議メンバー」を中心に、パナソニックのあるべき姿を議論してきました。日経ビジネス電子版の新創刊に合わせて、改めて、津賀社長が提示した「くらしアップデート業」というビジョンについて、皆さんの意見を募集します。