全1602文字

 そのホンダはいま「移動と暮らしの価値創造」という事業の方向性を新たに打ち出しています。2030年に目指すべきビジョンとして、「喜びの創造」「喜びの拡大」「喜びを次世代へ」と定義し、具体的な動きとして2019年4月、ライフクリエーション事業本部を立ち上げました。
参考URL:https://www.honda.co.jp/sustainability/report/pdf/2019/Honda-SR-2019-jp-016.pdf

ライフクリエーション事業本部の主力製品となる発電機や耕うん機

そもそも、自動車やオートバイが主力商品のホンダが、暮らしにどのような価値を提供できるのでしょうか。これまでみてきたように創業当初からホンダはこれまで社会課題を見つけ技術で解決してきた歴史があります。そのアイデア着想法に触れながら一緒に考えてみましょう。


参考記事:ホンダの再起動