全1078文字
現在の議論のテーマ
健康寿命が伸び、人生100年時代になるといわれています。健康維持と並んで欠かせないのがお金の問題です。資産をどう形成すればよいのか考えてみませんか。
(写真:PIXTA)

 学生の皆さんは「資産」と聞くと、ずいぶん先のことのように聞こえるかもしれません。皆さんはこれから結婚したり、家族ができたりするといったライフステージの変化が訪れる可能性があります。医療の進化により健康寿命が延びることで、高齢者でも元気な人が増えていきます。老後はゆっくり過ごすという概念も変わり、学び直しや新たな仕事など人生の選択肢も多様化していくでしょう。

 こうしたライフステージの変化につきものなのが資産です。2019年3月末の家計金融資産残高は1年前に比べて0.3%増の1835兆円です。そのうち現預金は前年比1.9%増の977兆円で、家計金融資産に占める比率は5割を超えています。政府は貯蓄から投資への流れを目指していますが、足踏みが続いているのが現状です。資産形成はどのような暮らしをしたいのかに密接にかかわってきます。今回は大和証券グループの大和証券投資信託委託の皆さんとともに、資産形成について考えていきます。

※今回のプログラムは、証券業界への理解を深めることを目的にしています。投資信託の概要や一部の商品に関して言及する場合がありますが、推奨するものではありません。

プログラムの進行予定

 お題は以下のように進んでいきます。2週間にわたって皆さんの意見を募集します。

7月8日(月): 皆さんが生涯で必要なお金はいくらくらいだと思いますか
7月10日(水): 投資に目が向きづらいのはなぜでしょうか
7月12日(金): 投資の鉄則を守れないのはなぜだと思いますか
7月16日(火): 投資のポートフォリオを学びましょう
7月18日(木): 学んだことを教えてください

 「オンラインインターン」では実名での投稿をお願いしております。Raiseのご利用に関する規約は日経ビジネス電子版有料会員規約でご確認頂けます。お問い合わせフォームはよくあるご質問の検索からご利用できます。

 Raiseでは2019年4月より、大学生向けのイベント「カッコいい大人に会いに行こう」を開催しています。

 有名企業の現場で働く社員、一風変わったキャリアを持つ社会人、気鋭の若手経営者など、日経ビジネスが厳選する「カッコいい大人」を大学生の皆さんにご紹介。

 自身のキャリア育成、仕事や働くことへの理解浸透、学生生活での目標設定など、新たな気付きを得る場として、ぜひご参加ください。

お申し込みはこちら
(受講はすべて無料です)