デザイナーは常に自分ごとで考える

三輪氏:永井社長は、どうやってデザインの感性を磨いたんですか。

永井氏:なかなか難しいですね(笑)。なんだろうな。やはり本当に子供のときから、何かを作ったり、絵を見たり、そういうことが好きでした。そういうことの積み重ねがたぶん、今に至っているんだと思います。

 デザイナーは道を歩いていても、ここはもうちょっと変えた方がいいんじゃないかなとか、会議をしていたら、もうちょっと効率よくできるんじゃないかとか、そういうことを常に考えるんです。そういうアンテナが立ちやすい人がデザイナーです。ちょっとした疑問を自分ごとにして考えられるかどうかか、デザイナーとしての第一歩なのではないでしょうか。

 課題発見と言ってしまうと月並みな言葉でつまらないかもしれませんね。ただ、これはおかしいんじゃないか、もうちょっとこうした方がいいんじゃないか、といった心の動きを具体的なアクションに結び付けていくのがデザインです。そう考えると、まずは自分の中にそういう内発的な気持ちが起こることが意外と大事だと思います。

デザインとアートの境界は

高橋龍征氏(早稲田大学):デザインだけではなく、最近は「アート」が経営を語るキーワードとしても出てきています。どう違うのですか。

永井氏:例えば美意識という言葉は結構、デザインに近いのではないかと思います。

高橋氏:先ほどの話だと、デザインは他者との関係の中から出てくるもので、それに対してアートは、自己のパッションとか、創造性の発露みたいなものなのではないでしょうか。

永井氏:そうですね。アートとデザインの区分けでいったらそう思います。デザイン思考について、人の行動を観察して課題解決につなげていくという点では、もしかしたらすごくドラスチックなイノベーションとは思われないかもしれませんね。

 しかし、だからと言って、最近指摘されているように、デザイン思考は小さい話で、アート思考がもっと重要だ、ということにはならないと思います。むしろ、社会全体の課題解決まで視野を広げれば、デザイン思考で十分に大きなイノベーションを起こし得ると思います。

 デザインは課題解決で、アートは問いの設定だ、といったことがよくいわれていますが、問いの設定は当然、デザインでもできると思うんですよ。だからなんでしょう、日本デザイン振興会的に、定義をお願いします(笑)。

矢島氏:「芸術」をカタカナで「アート」と言い換えたときに、「デザイン」に近づいたような。

永井氏:なるほど。確かに近づいているような気がします。でも、僕はやはり違うと思うんです。アートはやはり、「役に立つ」というところには落とし込まないんですよね。一方、デザインは「役に立つ」。逆に言えば、アートはデザインとは違って、利便性を重視してやるものではないんですよ。