近年、貧困問題を取り上げる際に「女性」に焦点が当たることが増えた。社会から働くことも産むことも求められているにもかかわらず、現実には男性ほどの給与水準は得にくいうえ、育児をしながら働ける環境も十分に整ってはいない。